日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > フジテレビ平均年収は1,506万円
週刊誌スクープ大賞

アベノミクスでテレビ局は儲かる!? 有名500社「年収ランキング」フジテレビが1,506万円で首位

motoki150105.jpg「週刊ポスト」1/16・23号 中吊広告より

今週の注目記事
・「有名500社『年収ランキング』」(「週刊ポスト」1/16・23号)

・「2015年まるごと完全予測 景気・株・円安・会社 こう動く!」(「週刊現代」1/17・24号)

・「いま日本で『本当にうまい役者』ベスト100人を決める」
・「いま日本で『本当に歌がうまい歌手』ベスト50人を決める」(「週刊現代」1/17・24号)

・「現代、ポスト『袋とじセクシー』の勝者はどっちだ!」

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 新年第1弾は現代とポストの合併号。どちらも年末に作り置きした企画だから、新鮮さよりも企画力の勝負になる。まずは、セクシー袋とじ企画から見てみよう。

 現代の懐かしい女優シリーズは「風吹ジュンに恋をして」。後半グラビアではハーフのマルチタレント「LiLiCoが脱いだ!」と「平子理沙 超絶ボディ」。袋とじは「シンクロ元日本代表片平あかね『初めてのAV出演』で驚きの体位を連発!」

 ポストは袋とじ2本で、またまた大場久美子の54歳と18歳の時の水着姿と、「裸になったアンヌ隊員 ひし美ゆり子」。ほかには内田有紀とポスト専属の「祥子の事。」。ポストは袋とじ2本だからか、定価は440円。現代は430円。ハーフながらLiLiCoの肢体が見事だし、かわいらしさがいつまでも変わらない風吹ジュンが愛くるしい現代のほうが、私にはお得感があったが、それほど圧倒的とは言い難い。よって今週は引き分けじゃ!

 現代のうまい歌手、うまい役者という企画自体は褒められたものではない。これまで何度も繰り返されてきた古臭い企画だが、まあ新年ということで許そう。

 二昔前なら1位は美空ひばりで決まりだったが、今はよくいえば群雄割拠、悪くいえばドングリの背比べである。

 ベスト5まで挙げると、1位から順に桑田佳祐、中島みゆき、山下達郎、小田和正、井上陽水。3位の山下がやや意外だが、そのほかは順当だろう。6位に五木ひろし、7位に沢田研二、8位に都はるみがランクイン。

 紅白でニューヨークからライブ中継で出演した中森明菜は12位で、紅組のトリを務めた松田聖子が20位。失礼だが、明菜は目がうつろで、口パクではないかと心配になるほど体調がよくなさそうだった。NHKが強引に口説いたのかもしれないが、歌姫完全カムバックとは当分いかないようである。

 意外な低評価は氷川きよし39位、森進一40位、吉幾三41位。氷川は同性愛疑惑やマネジャーへの暴力沙汰が響いたのか?

 同じような企画が「うまい役者は誰」だ。すぐに名前が挙がるのは役所広司、佐藤浩市、西田敏行あたりだが、以外によかったのが岡田准一だ。NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』は一度も見ていないが、期待していなかった映画『蜩ノ記』の岡田が、地味な役柄だったがいい味を出していた。

 さて、ベスト1には“意外な?”役者が選ばれている。『クライマーズ・ハイ』やNHKの朝の連ドラ『マッサン』で好演した堤真一が、コメディから人情もの、シリアスまで幅広くこなせると評価が高い。

 2位以降は、香川照之、藤原竜也、役所広司、浅野忠信、大森南朋、堺雅人、佐藤浩市、渡辺謙、濱田岳と並ぶ。

 岡田准一は意外に低評価で15位。中井貴一が18位。三浦友和19位、西田敏行21位、水谷豊が22位だ。反対に高評価だと思うのは、本木雅弘の24位。お茶のCMと映画『おくりびと』しか印象にないが、一つ一つの仕事が丁寧だそうだ。

 私は、役所広司はなんの役をやっても役所広司になってしまうところが難だし、普通の格好をしていても不潔な感じがするのはいただけない。佐藤浩市は昔のほうがよかった。オヤジの三國連太郎を意識しすぎるためか、佐藤の良さを殺してしまって、個性を失っているように見える。

 田中邦衛のように、画面に出てきたら圧倒的な存在感を示す役者になってもらいたいと思うのだが。


123
こんな記事も読まれています

アベノミクスでテレビ局は儲かる!? 有名500社「年収ランキング」フジテレビが1,506万円で首位のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

新年第1弾は現代とポストの合併号。どちらも年末に作り置きした企画だから、新鮮さよりも企画...
写真