日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > マエケン「女子アナ嫁はやめろ」

プロ野球広島・前田健太が“次期侍エース”阪神・藤浪晋太郎に「女子アナ嫁回避の術」授ける!?

51fiCDP4l1L.jpg「オーナーズリーグ/広島東洋カープ/前田健太」(バンダイ)

 プロ野球・広島東洋カープの前田健太投手が今月14日、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手と初の合同自主トレを行う。もともと藤浪が憧れだったマエケンに合同自主トレを持ちかけ、実現。ともに球界を背負って立つ2人だが、ことマエケンサイドが本当に伝授したいのは「女子アナ嫁」の回避術だというのだから、穏やかではない。


 都内で行われる合同自主トレには、2人のほか、カープの中田廉、中崎翔太ら投手陣も合流。施設では、合同で器具を使っての自主トレのほか、夜には侍ジャパンのエースである前田が、次世代のエースである藤浪にプレー面を中心とした「金言」を授ける予定。

 だが、その中で最もマエケン側が授けたいのが、なんと「女子アナ対策術」だという。前田の妻といえば、東海テレビの女子アナだった成嶋早穂。現在は、大手芸能事務所に所属しており、「前田も結婚後は妻主導で、半ば強引に同じ事務所に所属させられた。主なマネジメントは、オフのテレビ番組出演が中心。だが、拘束時間やギャラをめぐって、前田サイドと折り合いが悪い場合も多いようで、対応に四苦八苦しているという話も聞きます」(球界関係者)

 そもそも、前田の妻はプロ野球界隈のみならず、芸能界でも「出しゃばり妻」として超有名。今のところ、表面上はそれが前田の足を引っ張っていないように見えるが、「後輩には同じ轍を踏んでほしくないというのが、前田の本音。人気、実力とも兼ね備える藤浪には、目立つことが大好きな女子アナを交際相手や嫁にしないよう、実例を交えながら指導するようです」(同)。

 先日、藤浪自身は結婚について「30歳を過ぎてからでもいい」とコメントしているが、嫁探しのポイントまで教えてもらえるとなれば、かなり心強いはずだ。

最終更新:2015/01/14 10:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed