本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

“超熟女ブーム”神保美喜のヌード披露に「かつての不倫相手」徳光和夫は何思う?

jinbomiki_20202.jpg『神保美喜写真集 太陽伝説』(竹書房)

 超熟女ブームなのか、男性週刊誌のグラビアに、いまは還暦を過ぎた高橋惠子やひし美ゆり子、それに、高倉健さん死後、“健さんの恋人”としてマスコミに登場した児島みゆきらの、昔のヌード写真が掲載され、団塊世代の下半身を甦らせている。そんな流れの中、最近の週刊誌には、超熟女となった神保美喜の33歳当時の秘蔵ヌードが掲載されていたが、それを見て思い出したのが、次男の離婚問題で、女性誌に“日本一の親バカ”と報じられた徳光和夫と神保との不倫疑惑だ。

 徳光は女性のウワサとは無縁といった清廉潔白、生真面目イメージで売っていたが、日本テレビのアナウンサー全盛時代、同局の『歌のワイド90分!』で番組アシスタントを務めていた神保と不倫疑惑が噴出したのだ。

 神保は日テレの『スター誕生!』で最優秀賞を獲得。日本フォノグラムにスカウトされて、「サンミュージックプロダクション」に所属。1976年に「はじめてのワルツ」で歌手デビューした。その後、女優としても活動。82年から徳光が司会を務める『歌のワイド90分!』のアシスタントに抜擢された。

 当時、徳光は朝の看板番組『ズームイン‼ 朝!』の司会も務め、多忙で神奈川県茅ケ崎の自宅から通うのが大変だということで、日テレに近い麹町のマンションに部屋を借りていた。筆者は、その部屋に、神保が出入りする姿が頻繁に目撃されているという情報を得て、張り込んだ。

 所属のサンミュージックは、神保を清純派アイドルとして売り出していただけに、当時、同プロ社長を務めていた故・相澤秀禎氏は不倫発覚を恐れた。それは、サラリーマンであり、主婦向け番組を担当していた徳光も同じだ。

 しかし、夫の不審な動きを察したのか、徳光の奥さんが、都内のマンションに掃除を目的に頻繁に通うようになってから、神保の目撃談は消えた。筆者も現場を押さえることはできなかった。徳光の不倫疑惑は、疑惑のまま終わってしまったのだ。


12

“超熟女ブーム”神保美喜のヌード披露に「かつての不倫相手」徳光和夫は何思う?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

超熟女ブームなのか、男性週刊誌のグラビアに、いまは還暦を過ぎた高橋惠子やひし美ゆり子、そ...
写真