日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石田ゆり子の“濡れ場”も大不発! 

石田ゆり子の“濡れ場”も大不発! 映画『悼む人』大コケは「井浦新のお尻」のせいだった!?

itamuhito0226s.jpg映画『悼む人』公式サイト

 14日に公開された、天童荒太氏の直木賞受賞作品を映画化した映画『悼む人』が、大コケしてしまった。

 公開2日間の興収ランキングでは初登場で8位に登場するも、184スクリーンの公開で興収は約6,000万円。それに対して、10位に初登場した関ジャニ∞の渋谷すばる単独初主演映画『味園ユニバース』は65スクリーンの公開にもかかわらず、『悼む人』と大差のない興収で、『悼む人』は翌週のランキングではトップ10圏外に陥落した。


「『悼む人』は、プロモーションにかなり力を入れ、原作者の天童氏もイベントに出席してPRするなど、売り込みに必死だった。しかし、どの年齢層をターゲットにしているかなど、配給の東映のPR戦略はイマイチ。暗い話なので、集客できる要素がなく、全国の劇場では公開数日で早くも閑古鳥が鳴いている状態。このままだと、興収は3億円にも届かないぐらいだろう。同じ日に公開された『テラスハウス クロージング・ドア』は、興収ランキングが初登場1位で翌週は2位だったが、テレビ版での知名度があり、若者の支持が高く、何も考えずに見られるので集客力がある」(映画ライター)

 『悼む人』では女優の石田ゆり子が、主人公の高良健吾、殺害した夫役の井浦新を相手にした濡れ場を披露。前評判が高く、男性の集客に結び付くかと思われていたようだが、見事な期待外れだったというのだ。

「石田といえば、20代のころは主演ドラマ『不機嫌な果実』(TBS系)で、渡辺いっけいや岡本健一を相手にエロエロな濡れ場を披露しただけに、期待が高まっていた。ところが、井浦とはベッドで、高良とは“野外プレー”に挑んだものの、井浦の形のいいお尻などバックショットばかりが映し出されて、裸にもかかわらず肝心の石田の肌は見えず。高良との絡みでは、ほとんど石田の肌の露出はなかった。聞くところによると、年齢による体形の変化や肌の劣化を石田サイドが気にしすぎて、さまざまなNGを突きつけてきたというが、“熟女ブーム”の世の中だけに、石田にはもっと思いっきりやってほしかった」(映画業界関係者)

 石田は、あるインタビューで映画の濡れ場を振り返り「本当はもっとやらなければいけないと思ってます」「今の自分にできる限界があそこ」と語っていたが、映画が大コケしてしまっただけに、女優としての悔しさを募らせているに違いない。

最終更新:2017/04/25 18:29

石田ゆり子の“濡れ場”も大不発! 映画『悼む人』大コケは「井浦新のお尻」のせいだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

14日に公開された、天童荒太氏の直木賞受賞作品を映画化した映画『悼む人』が、大コケしてし...
写真