日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 禁断の“変態少女マンガ”
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

オトナ男子に読んでほしい、禁断の“変態少女マンガ” 岡田あーみん3部作のススメ

 岡田あーみんという少女漫画家をご存じでしょうか? 現在30代の女性であれば知っている人は多いかもしれませんが、サイゾーの中心読者層である男性陣は意外と知らないかもしれませんね。

 あーみん先生は1983年にデビューし、集英社の少女マンガ誌「りぼん」に『お父さんは心配症』『こいつら100%伝説』『ルナティック雑技団』という、いわゆるあーみん三部作を連載。カリスマ的人気を誇った後、忽然とマンガ界から消えてしまった伝説の漫画家です。『お父さんは心配症』連載当時は、同じ「りぼん」の『ちびまる子ちゃん』と共に2大少女ギャグマンガとして君臨し、その後、テレビドラマ化されるほどの人気を誇りました。

 そんなあーみん先生の作風は「少女漫画家界に咲くドクダミの花」と呼ばれており、今までの少女マンガとは一線を画した、奇行癖を持つ変態キャラたちが猛スピードで意味不明なギャグを繰り出し続けるという内容で、王道的ラブコメ路線に慣れていた当時のりぼん読者の度肝を抜きました。

 岡田作品はいたいけな乙女たちの少女マンガ観を、いや、もしかしたらその後の人生観までをも根本から覆すパワーを持っていたんです。まだ10年そこそこしか生きていない少女の人生観を根底から変えるって、並大抵の事象じゃないですよね。

 ちなみに変態といっても、ここでは性的な意味での変態を指しているのではありません。当時は、いわゆる奇行癖を持ったギャグマンガキャラクター全般を「変態」と呼ぶ傾向がありました。おそらくそのルーツは、新沢基栄先生の『3年奇面組』にあったと思われます。しかし、昔から多種多様なギャグマンガが存在していた少年マンガならまだしも、お目めキラキララブコメが主流の少女マンガ界に突如として変態キャラを登場させたことが、いかにすさまじいイノベーションであったか想像に難くありません。

 では変態少女マンガに疎い、変態少女マンガ童貞なオトナ男子のあなたのために、伝説のあーみん3部作の見どころを、それぞれご紹介していきましょう。

 主人公は、女子高生の典子の父、佐々木光太郎。典子がまだ幼い頃に妻と死別しており、男手ひとつで娘を育てているシングルファーザーです。この光太郎(通称パピィ)こそが、あーみん作品を特徴付ける変態キャラのルーツなのです。

 典子には同級生の北野くんというボーイフレンドがおり、典子と北野くんの交際を心配性すぎる光太郎が、あらゆる手を使って妨害するというのがこの作品の基本ストーリーです。娘の異性交遊を心配するのは、父親としてごく当然の心理であるかのように思います。しかし、その妨害の仕方が想像を絶しており、今の時代なら家庭内ストーカー状態で接近禁止命令が出されてもおかしくないレベルなのです。

 典子に対しては、電話を盗聴する、門限に30分遅れると警察に捜索願を出す、デートを尾行するなどは日常茶飯事。ボーイフレンド北野くんへの攻撃はこんなものでは済まされず、「北野」と書いたわら人形に五寸釘を打ち込む、斧で斬りつける、木に縛りつけて弓矢で狙う、バスガイドに女装して部活の合宿に潜入する、アパレル店員に変装しマネキンの足で殴る、背中を工事用ドリルで突き刺す……。

 などなど、常に血しぶきが飛び交う容赦ない妨害工作が行われます。こうしてテキストで書くとまるでホラーマンガのようですが、もちろん完全なるギャグマンガです。しかし間違いなく、ある種の狂気も感じられます。このギャグと狂気の織り成すコンビネーションは大人が読んでもすさまじいと感じるので、子どもの頃にリアルタイムで読んでいた現在30~40代の女性には、さぞや強烈なエクスペリエンスだったことでしょう。


1234

オトナ男子に読んでほしい、禁断の“変態少女マンガ” 岡田あーみん3部作のススメのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

岡田あーみんという少女漫画家をご存じでしょうか? 現在30代の女性であれば知っている人は...
写真