日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 幼児に中国流スパルタ教育

1歳3カ月の幼児が真冬に全裸で水浴び! “中国流スパルタ教育”に賛否両論

zenra001.jpg

 中国の四川省・成都で、あるスーパー幼児が話題となっている。なんと一日中、全裸で過ごしているというのだ。3月の成都の気温は日中で15℃前後、最低気温は10℃を下回る。極寒とはいえないが、この気温のなか、全裸で外にいることは正気の沙汰とは思えない。しかも一年中全裸というから、0℃を下回る真冬の時期も全裸で過ごしていたことになる。

 「全裸幼児」ことラーチアル(拉吉兒)ちゃんの年齢は、わずか1歳3カ月。常に全裸で外を駆けまわり、なんと冷たい水で沐浴している。にもかかわらず、寒そうな表情を一切見せず、笑顔で周囲の人に人懐っこく接しているという。

 隣人は父親にこうした行動をやめさせるよう指摘したが、聞く耳を持たなかったため、次第に「実の子ではないのでは」というウワサが広まり、「児童虐待」として、地元警察に通報されてしまったという。しかし、警察が調査した結果、ラーチアルちゃんは両親の実の子であることがわかり、かつ全裸による健康被害や外傷がなかったということもあり、「おとがめなし」に。以来、隣人たちは何も言わなくなり、近所ではラーチアルちゃんが全裸で動き回ることに慣れてしまったという。

zenra002.jpg

 ラーチアルちゃんは父親が命じるまま、毎朝10時と16時に水浴びをする習慣がついたという。その間は全裸のまま外で過ごし、近所の人からお菓子をもらったり、玩具で子どもたちと遊ぶという。そんな生活を生後わずか6カ月から始め、真夏も真冬も生活スタイルを変えなかったという。子どもの名前は中国語の「ゴミ」と同じ発音で、「賤しい名前はよく言うことを聞く」という意味なんだとか。

 ラーチアルちゃんを紹介した中国メディアによると、ある医師は「全裸でいることで皮膚の感覚が敏感になり、免疫機能が高まる」と肯定的に評価する一方、別の医師は「幼児は体温調節がうまくできず、非常に危険。男女の性差学習や羞恥心の発育も不十分になり、のちのち心理的に悪影響を及ぼす」として警告している。


12
こんな記事も読まれています

1歳3カ月の幼児が真冬に全裸で水浴び! “中国流スパルタ教育”に賛否両論のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

中国の四川省・成都で、あるスーパー幼児が話題となっている。なんと一日中、全裸で過ごしてい...
写真