日刊サイゾー トップ > 芸能  > グッディがミヤネ屋にフルボッコ

フジテレビがまた『ミヤネ屋』にフルボッコ、安藤優子のワイドショー『グッディ!』が2.5%スタート

guddei0331.JPGフジテレビ『直撃LIVE グッディ!』公式サイトより

 フジテレビは、またしても『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の壁を越えられないようだ。

 フジは、平日午後のワイドショー『ミヤネ屋』の対抗番組として、30日から『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)をスタート。「フツーのニッポン人の見たい情報に日本一寄り添う“ちょっと硬派な、どワイドショー”」をコンセプトに、MCの高橋克実と安藤優子がニュースを伝える。初回は、人気俳優の斎藤工をゲストに迎え、お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄らがコメンテーターとして出演した。

 同番組の試作版を見たフジの亀山千広社長は、27日の定例会見で「肩の力が抜けている安藤さんが、かわいく見えるのが新鮮」などと自信をにじませていたが、初回平均視聴率は第1部3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部2.5%と惨敗。この日、7.3%だった『ミヤネ屋』には、遠く及ばなかった。

 フジといえば、ここ数年、ロンドンブーツ1号2号・田村淳がレギュラーコメンテーターとして出演していた『知りたがり!』や、フリーになったばかりの西尾由佳理アナが総合司会を務めた『アゲるテレビ』といったワイドショーを立ち上げては、定着しないまま、低視聴率を理由に撤退。そのたびに、連続ドラマの再放送枠『チャンネルα』に切り替えてきた。

「『グッディ!』は、フジにとって『知りたがり!』『アゲるテレビ』に続き3度目のチャレンジ。MCの2人を含め、出演者のおとなしさが目立つため、今後は日替わりパネラーのサバンナ・高橋、マキタスポーツ、カンニング竹山、麒麟・川島明、土田晃之といった芸人陣が、どこまで番組を盛り上げられるかが重要となりそう。しかし、同番組については、亀山社長が『視聴習慣があるから、一朝一夕に数字が出るものではない。めげずに下を向かず、前を向いて作っていってほしい』と前向きに語る一方で、番組開始前から『どうせすぐ終わるんだから、ドラマの再放送のままでいい』というネット上の声も目立つ。早くも暗雲が立ち込めています」(テレビ誌記者)

 転んでも三度起き上がるフジを尻目に、余裕綽々の『ミヤネ屋』。“西のみのもんた”こと宮根誠司には、ベテランの安藤をもっても太刀打ちできないのだろうか?

最終更新:2015/03/31 16:29
こんな記事も読まれています

フジテレビがまた『ミヤネ屋』にフルボッコ、安藤優子のワイドショー『グッディ!』が2.5%スタートのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

フジテレビは、またしても『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の壁を越えられないようだ...
写真