日刊サイゾー トップ > 芸能  > 白石麻衣がジャニと踊って炎上中

“元ガチジャニヲタ”乃木坂46・白石麻衣が、キスマイ・玉森裕太との“お触りダンス”で炎上中

shiraishi0331.jpg

 乃木坂46・白石麻衣が、3月31日放送の『UTAGE春の祭典!あの大ヒット曲を歌い踊る宴の2時間SP』(TBS系)でKis-My-Ft2・玉森裕太とコラボダンスを披露。ジャニヲタから批判が相次いだ。

 同放送では、つるの剛士と元モーニング娘。の高橋愛が、1994年の大ヒットソング「愛が生まれた日」をデュエット。同時に、白石を含む乃木坂46メンバー4名と玉森が、バックダンスに挑戦した。

 披露前には、「リハーサルからガチガチでした」「本当にダメなんです、女性と踊るのが」と、乃木坂46とのダンスを恥ずかしがる玉森に対し、司会のSMAP・中居正広が「(玉森と乃木坂46で)ちゃんと愛を育んでもらわないと、伝わらないよ」とおちょくる一幕も。しかし、本番が始まると、乃木坂46のメンバーが玉森の肩に触れながら踊るなど、ムーディーな曲調に合ったダンスでステージを盛り上げた。

 しかしこの時、ネット上は玉森ファンによる書き込みで大荒れ。「玉森にがっつり触ってる! 白石麻衣キモイキモイキモイ!」「白石麻衣て人すんごい嫌い嫌い嫌い嫌い ジャニファンだろがお前は」「この歌、『愛が生まれた』とか『めぐり逢えた』とか、白石の心の叫びみたいでムカツク!」といった声が相次いだ。

 白石といえば以前、デビュー前の白石とおぼしき女性が、玉森の生写真を手に持っているプリクラがネット上に流出。「ゆうたくん大好き」という手書き文字も添えられており、ジャニーズファンの間で騒ぎとなった。

「白石が玉森のファンだという確証はないものの、ほかに関ジャニ∞の安田章大のうちわと写っているプリクラや、ジャニーズJr.の松本幸大の名前が手書きされたプリクラなども流出しており、根っからのジャニヲタだったことは間違いなさそう。今回は、玉森1人と乃木坂4人という変則的な選抜メンバーだったため、一部では『UTAGE!』関係者が、炎上狙いで企画したのでは? とウワサされています」(芸能記者)

 玉森といえば、昨年7月の『27時間テレビ』(フジテレビ系)の即興ドラマ企画でも、元AKB48・大島優子とのキスシーンが生放送され、玉森ファンが騒然。Twitter上では「大島のセリフがキスを誘発した」と怒りを抑えきれないファンから、「大島優子マジでムリ!」「最悪! 玉ちゃんかわいそう」「大島優子を絶対に許さない」といった投稿が相次いだ。

 AKB48系グループとの共演も増え、ファンをヤキモキさせているジャニーズ。とはいえ、今回のような騒動も、熱狂的ファンの多さの表れといえそうだ。

最終更新:2015/04/01 19:30

“元ガチジャニヲタ”乃木坂46・白石麻衣が、キスマイ・玉森裕太との“お触りダンス”で炎上中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

乃木坂46・白石麻衣が、3月31日放送の『UTAGE春の祭典!あの大ヒット曲を歌い踊る宴...
写真