日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > TBS『ゴゴスマ』1%台大コケ

TBS『ゴゴスマ』、日テレ『ミヤネ屋』に歯が立たず視聴率1%台の大惨事……最速で打ち切り確定か

gogosuma0402.JPGCBC『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』公式サイトより

 平日午後のワイドショー『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の対抗番組として、TBSで30日にスタートした帯番組『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』の視聴率が、早くも大惨事となっている。

 『ゴゴスマ』は、2年前にローカル番組としてスタートした名古屋・CBCテレビ制作の情報番組。CBCアナウンサーの石井亮次がメインMCを務めるほか、大久保佳代子、東進ハイスクール講師の林修、プロフィギュアスケーターの鈴木明子、山口もえ、ジャニーズJr.らが曜日レギュラーとして出演している。

 放送エリア拡大後も、ダイソーのキッチン便利グッズの特集や、子どものいる家の収納術の紹介など、同番組の持ち味である主婦に寄り添った企画を押し出している『ゴゴスマ』。先月30日の初回平均視聴率は2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、翌31日には1.8%を記録し、同時間帯で民放最下位。一方、『ミヤネ屋』は7~8%台で安定しており、大コケは明らかだ。

「これまで、過去のバラエティ番組や連ドラを再放送し、平日午後の視聴率争いにおいて逃げ腰だったTBSですが、ついに強敵『ミヤネ屋』に対抗すべく、名古屋で一定の知名度を得ている『ゴゴスマ』を投入。しかし、この手の主婦向け企画は昼帯の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で事足りてしまっているのか、はたまた出演者に引きがないのか、裏番組に歯が立たない状況です」(テレビ誌記者)

 同日にスタートしたフジテレビのワイドショー『直撃LIVE グッディ!』にも負け続きの『ゴゴスマ』。ネット上では、「他局と同じことをしても、見ようと思わない」「番組に華がない」「情報が少ない」といった厳しい意見が見受けられる。

 早くも打ち切り圏内の『ゴゴスマ』。再放送枠に戻るのも、時間の問題かもしれない。

最終更新:2015/04/02 23:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真