日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > まゆゆドラマが火10史上最低

大惨事! AKB48・渡辺麻友ドラマ『戦う!書店ガール』初回が“フジ火10”史上最低……「AKB接待枠」の声も

watanabemayu0415.jpg

 AKB48の渡辺麻友と、女優の稲森いずみがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系/火曜22時~)が14日にスタートし、初回平均視聴率6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。1996年4月に設けられた同連ドラ枠の初回において、歴代最低であることがわかった。

「前クールで大島優子がヒロインに抜てきされた『銭の戦争』以降、同枠ではAKB48関連メンバーの起用が続いている。また、今回の主題歌は渡辺によるソロ曲『出逢いの続き』。ネット上では『フジのAKB接待』といった揶揄も飛び交っており、渡辺のキャスティングに違和感を覚える声は多い」(テレビ誌記者)

 原作は、碧野圭の小説『書店ガール』シリーズ。渡辺にとって、同作が深夜帯を除いて連ドラ初主演。老舗書店を舞台に、20代と40代の女性店員が互いにぶつかりながらも、仕事や恋の困難を乗り越えていくウーマンライフドラマ。初回では、渡辺演じる新人書店員が人気オネエタレント・アリーの著書サイン会を企画。ほかの書店員の賛同を得られぬまま強引にイベントの準備を進め、数々のトラブルが発生する。

 仕事へのやる気が空回りしながらも、次第に成長していく主人公を演じる渡辺。ネット上では、「演技力はそこそこ」「悪くない」「こんなもんだろう」といった空気が流れる中、ファンからは「脚本がつまらなすぎる」「こんなドラマ、まゆゆじゃなくても大コケするだろ」といった同情の声も。

 だが一方で、AKB48ファンで知られる漫画家の小林よしのり氏は、自身のブログで「わしが無類のまゆゆファンであることを抜きにしても、見たら確実に元気になれる今季一番のドラマかもしれない。それにしても期待以上のまゆゆの演技の上手さ!存在感!美しさ!」などと大絶賛している。

「作品の好みは分かれそうですが、どうしても高視聴率を狙った企画とは思えない。田辺誠一、大東駿介、千葉雄大、Hey! Say! JUMP・伊野尾慧といったキャスティングも、『とりあえずイケメンそろえておけば、女性視聴者も食いつくだろ』といわんばかり。『AKB接待ドラマ』『まゆゆの実績作り』といわれてしまうのも頷けます」(同)

 日本のトップアイドルを主役に据えながらも、出だしでつまずいてしまった『戦う!書店ガール』。大島がヒロインを務めた『銭の戦争』の全話平均13.4%に、少しでも近づくことはできるだろうか?

最終更新:2015/04/15 19:39
こんな記事も読まれています

大惨事! AKB48・渡辺麻友ドラマ『戦う!書店ガール』初回が“フジ火10”史上最低……「AKB接待枠」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

AKB48の渡辺麻友と、女優の稲森いずみがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール...
写真