日刊サイゾー トップ > 海外  > 北朝鮮人も放射能にビビる!?
根なし草ライター・安宿緑の「平壌でムーンウォーク」

「フクシマ怖い!」北朝鮮人も放射能にビビる!?

nktrain01.jpgオバちゃんたちの弁当。意外と、すごくおいしかったです

 こんにちは。先月、東日本大震災から4年を迎えましたが、地震については北朝鮮でも情報は伝わっていまして、その後の訪朝ではちらほらそんな話も出ました。とはいえ、朝鮮半島においては地震が日常的ではないため、原発事故などの副次的災害にまで話が及ぶことはまずありませんでした。
 
 むしろ韓国などは、李明博前大統領が「日本を反面教師に」と言及し、2030年までに国内に40基建設を提示、中東にも積極的に輸出するなど、さらに強気で原発推進を続けています。取材で韓国の原発をいくつか訪れたことがあるのですが、某原発の担当者が「我が国は地震も津波もなく、何より日本とは炉型が違うため安全である」と強調していたのが思い出されます。

 なにせ<原発が安全であること>を示す児童向けの啓蒙漫画に、

「うわー、地震だ! ふう……原発の下まで逃げてきたから、もう安心だ」

という日本では到底考えられない場面があり、そのイケイケぶりを見て取れます。

 とはいえ、韓国でも原発ムラ問題、原発関係の汚職や、IAEA(国際原子力機関)基準では事故レベルの不具合が多発したにもかかわらず隠蔽されていたことが発覚するなど、天災よりも「人災」が事故を起こしかねない状態といえます。韓国国民も特に福島原発事故以来、原発には敏感になっており、北朝鮮の人々も例外ではないようです。

 平壌から列車で中国の丹東まで行った時の話です。

 丹東までは、およそ6時間。車内では暇を持て余し、退屈そうにしている人民が大半の中、隣の部屋から歓声が響きました。

「ウヒョッーーーー!」
「ガッハッハッハ」

 のぞき込むと、50~60代とおぼしき北朝鮮のオバちゃんたちが、ずいぶんと楽しそうにトランプ遊びに熱中していたのでした。せっかくの機会なので、同行者らに「あそこと交流しないか」と提案すると、なんと一瞬にして断られてしまい、仕方なく1人で乗り込むことに。私はビールと朝鮮人民の酒の友(?)・乾燥タラを携え、若干の不安を覚えながらも声をかけました。もし拒絶されたら、素直に引き返すつもりでした。

nktrain00.jpgいざ出陣!

私「ア、ア、アニョハセヨっす」

 オバちゃんたちの手が止まり、視線が一斉に集中。あ、やっぱり変だったかな……と後悔すると、意外にも気さくな反応が返ってきました。

「おおー、こっち座んなさい」

 オバちゃんたちはだいぶ旅慣れており、素性は語りませんでしたが、事情通によると「中国へ向かう列車内には、中国の朝鮮レストランの労働者なども多い」とのこと。トランプ遊びで一喜一憂するリアクション、いきなりキムチを取り出す姿、会話のノリ、声が無駄にデカい点などが韓国のオバちゃんのそれとまったく同じで、さすが同じ民族であると実感しました。というより、国籍にかかわらず、オバちゃんはもはやオバちゃんという固有種なのかもしれません。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真