日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > スマホで時間チェックはアリ?
ITライター柳谷智宣の「賢いネットの歩き方」第67回

スマホで時間をチェックするのはアリ? ナシ? 

sumaho0508-main.jpg

 新生活が始まって1カ月。GWも終わり、五月病にかかっている新入社員も少なくないだろう。ネット上では、毎年恒例の“新入社員あるある”が話題になっているが、今回は「スマホで時間をチェックするのはOKか、NGか」というトピックスを取り上げたい。


 スマホはボタンを押せばロックを解除することなく時計が表示されるので、即時間を確認できる。時計以上に忘れることのない携帯アイテムなので、もちろん時間を確認するという目的は達成できる。ソニー生命保険の調査によると、新社会人の50.4%は「腕時計をしない(時間はケータイで確認)」ことを「アリ」と考えているという。

 社会人が腕時計を持たず、スマホでチェックするのはOKか、NGか――。結論から言うとケースバイケースだが、そのラインは明確に引くことができる。初めて会うクライアントやお客様の前で、時間を確認することがあるかどうかだ。打ち合わせ時間が決まっており、その後にもアポがある場合、時間を見て話の流れをコントロールする必要がある。その時にスマホでチェックしたらどうなるのか? その人が何かしらの営業を自分にかけているなら、基本的にアウト。商談はまとまらないと考えていい。こちらが弱い立場の場合、何も言うことはないが、「この人はちょっとダメな人だ」というジャッジになるだろう。

 理由としては、初めて会って会話しているのにスマホをいじられるのはびっくりする、というのに尽きる。そもそも時計チェックではなく、メールやLINEをチェックしているのかどうかもわからない。さらに、時計を露骨に見ること自体が相手に不快感を与えることも多い。そういう態度に出られると、「お時間大丈夫でしたでしょうか?」と返すしかない。営業をかけられている場合は、「そんなに忙しいなら帰れ!」と言いたくなる。腕時計なら、相手に知られずに時間をチェックできる。

 とはいえ、本質はもっと基本的なところにあると思う。スーツを着てビジネスをするなら、時計はセットだ。つまり、常識ということ。「ネクタイをしてもしなくても、私の能力には変わりません」と拒否するようなツワモノなら時計をしなくてもいいかもしれない。「10分遅刻したら10分残業するから、うるさいことを言うな」という常識破りな人にも通じないかもしれない。しかし、スーツを着てクライアントと会う仕事なら、時計はすべき。ビジネス向けのデザインでも、安いものは安い。こんなくだらないことで個性のアピールをする必要はないし、オヤジは頭が固くてうるさい、とぼやく必要もない。ネクタイを締めるように、常識に沿えばいいだけなのだ。
(文=柳谷智宣)

最終更新:2015/05/10 15:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

スマホで時間をチェックするのはアリ? ナシ? のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

新生活が始まって1カ月。GWも終わり、五月病にかかっている新入社員も少なくないだろう。ネ...
写真