日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ『水曜歌謡祭』が過去最低

フジ『水曜歌謡祭』2時間SPが視聴率6.5%過去最低……“既視感”で看板番組『FNS歌謡祭』も共倒れか

suiyoukayousai0416.JPGフジテレビ公式サイトより

 6日、ゴールデン帯で2時間にわたり生放送された『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)が、平均視聴率6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大惨敗を喫したことがわかった。


 同番組は、「日本音楽史に残る名曲を、素晴らしい歌声でお届けするエンタテインメント番組」をコンセプトに、森高千里とアンジャッシュ・渡部建が司会を務める音楽番組。同局の生放送の音楽レギュラー番組は、1994年に終了した『MJ -MUSIC JOURNAL-』以来、21年ぶり。毎回、20%前後の高視聴率を誇る同局の『FNS歌謡祭』や、『FNSうたの夏まつり』のスタッフらが手掛けるとあり、放送前から大きな話題を呼んだ。

 しかし、フタを開けてみれば、先月15日に36組56名のアーティストが出演した初回2時間スペシャルは、7.3%とイマイチ。翌週の通常回は7.6%と微増したものの、3回目となる今回で過去最低を記録。初回から連続出演中の和田アキ子のほか、森山良子、工藤静香、デーモン閣下、小柳ゆき、May J.など33組がコラボステージを披露したが、他局にあっけなく惨敗してしまった。

「番組開始から1カ月もたたないうちに、2回もスペシャル放送に踏み切っていることからも、フジの同番組に賭ける鼻息の荒さが感じられる。『水曜歌謡祭』は生歌が原則であるため、初回に出演したAKB48や、ももいろクローバーZに対し、ネット上では『歌が下手すぎてチャンネル替えた』という声が殺到。それを汲んでか、今回はAKBも、ももクロも不在。徹底的に“歌うま”アーティストで揃えた印象でした。しかし、結果は惨敗。“歌うま”ブームが終わったといわれる昨今、企画自体が厳しいのかもしれません」(テレビ誌記者)

 同番組が惨敗する中、今夏に放送予定の『FNSうたの夏まつり』や、年末放送予定の『FNS歌謡祭』にある懸念が浮上しているという。

「『FNSうたの夏まつり』や『FNS歌謡祭』がこれまで高視聴率を誇り続けてきたのは、“年に一度”という紅白歌合戦的な特別感があったから。しかし、『水曜歌謡祭』と似たり寄ったりのアーティストが出演するでしょうから、既視感は免れない。今夏も『FNSうたの夏まつり』が例年通り盛大に生放送されるようですが、昨年の14.5%から大暴落する可能性も」(同)

 早くも“大失敗”の空気が漂う『水曜歌謡祭』。この先、起死回生はあるのだろうか?

最終更新:2015/05/07 19:30

フジ『水曜歌謡祭』2時間SPが視聴率6.5%過去最低……“既視感”で看板番組『FNS歌謡祭』も共倒れかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

6日、ゴールデン帯で2時間にわたり生放送された『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)が、平均視聴...
写真