日刊サイゾー トップ > 芸能  > 錦織圭への猛アタックでブーイング

錦織圭への猛アタックを暴露されたフジテレビ・山崎夕貴アナに局内からもブーイング!

yamazakiyuuki0508-main.jpgフジテレビ公式HPより

「視聴者だけでなく、局内からも大ブーイングでしたよ」

 そう語るのは、フジテレビ局員だ。同局の山崎夕貴アナウンサーが、先月30日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手から電話番号を聞き出そうとしていたことを暴露された。


 山崎アナは昨年12月、錦織と同番組の「食わず嫌い王決定戦」で対戦。石橋貴明はその時の山崎アナの行動が「大問題になった」と暴露。山崎アナは「なってないです!」と否定するも、石橋は「(錦織に)『電話番号教えてくれ』とか言った」と舞台裏を語った。

 これに山崎アナは、驚いた表情を浮かべながら「あ……」と絶句。聞いたことは認めつつも「教えてもらえなかった」と釈明した。

 当然、ネット上では非難ゴウゴウ。女子アナという特権を利用して錦織に近付いたと解釈され、「二度と近づくな」「腹黒い」という声が相次いだ。

 山崎アナは錦織の大ファンで、昨年12月に初共演した際も猛アピールを繰り返していた。冒頭のフジ局員は「狭き門をくぐり抜けて女子アナになったのに、プロ野球選手や会社社長と結婚してあっさり辞めてしまう人も少なくない。『結婚相手を見つけに女子アナになったのかよ!』と言いたくもなりますよ。視聴者も同様の不快感を持ったはず。あれは、放送するべきではなかった」と話す。

 10億円以上を稼ぎ出す錦織に群がる女性は急増しており、激しい争奪戦が繰り広げられている。山崎アナもその1人で、数少ない番組共演でチャンスをモノにしようと考えたのかもしれない。

「石橋さんが暴露したのは、そうした最近の女子アナの“したたかさ”に警鐘を鳴らす意味もあったのかも」とはテレビ関係者。

 視聴率低迷に苦しむフジを象徴するかのように、女子アナのモラル低下が叫ばれているようだ。

最終更新:2015/05/10 08:00
こんな記事も読まれています

錦織圭への猛アタックを暴露されたフジテレビ・山崎夕貴アナに局内からもブーイング!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

「視聴者だけでなく、局内からも大ブーイングでしたよ」 そう語るのは、フジテレビ局員だ。同...
写真