日刊サイゾー トップ > 芸能  > 能年引退危機は流行語大賞の呪い?

「じぇじぇじぇ!」能年玲奈の女優引退危機でささやかれ始めた“流行語大賞の呪い”とは!?

nounen0512.jpg

 事務所独立と洗脳騒動で、「女優引退」までささやかれている能年玲奈。NHK朝ドラ『あまちゃん』のヒットで国民的女優になった2013年には誰も予想していなかった事態だが、そこでウワサされ始めたのが“流行語大賞の呪い”だという。

 毎年年末に発表される新語・流行語大賞は、03年のテツandトモ「なんでだろう~」、08年のエド・はるみ「グ~!」、12年のスギちゃん「ワイルドだろぉ」など、これまで受賞した芸人はことごとくテレビから消えるというジンクスがあり、昨年「ダメよ~ダメダメ」で受賞した日本エレキテル連合も、あっという間に姿を消している。その“呪い”が、いよいよ芸人だけにとどまらなくなってきたというわけだ。


 13年の大賞は異例の4つに決定。能年の「じぇじぇじぇ」のほかには、滝川クリステルの「お・も・て・な・し」、堺雅人主演『半沢直樹』の「倍返し」、林修先生の「今でしょ!」が受賞する大豊作の年となった。

「滝クリは結婚秒読みといわれていた俳優の小澤征悦と、まさかの破局。2人は同居を解消し、新たな生活をスタートさせている。堺は私生活こそ妻の菅野美穂のオメデタという明るいニュースがありましたが、出演中の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の視聴率は13%台をウロウロ。完全に、期待外れな結果となっている」(週刊誌デスク)

 最後の砦は林氏だけだが、こちらは7本のレギュラー番組を持つ売れっ子に。

「しかし、これだけジンクスが続くと“何かが起きるのでは”と心配になりますね。仕事は順調なだけに、お金のトラブルか不倫スキャンダルあたりかも」(同)

 さて、呪いは解かれるのか、それとも……。

最終更新:2015/05/13 11:36
こんな記事も読まれています

「じぇじぇじぇ!」能年玲奈の女優引退危機でささやかれ始めた“流行語大賞の呪い”とは!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

事務所独立と洗脳騒動で、「女優引退」までささやかれている能年玲奈。NHK朝ドラ『あまちゃ...
写真