日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 渡辺麻友ドラマが19年で最低

AKB48・渡辺麻友の“史上最低”ドラマ『戦う!書店ガール』視聴率3.6%で早期打ち切りも!?

watanabemayu0327.jpg撮影=岡崎隆生

 AKB48の渡辺麻友と、女優の稲森いずみがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール』(関西テレビ制作・フジテレビ系/火曜22時~)の第6話が19日に放送され、平均視聴率3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。1996年4月に設けられた同連ドラ枠史上、各話平均視聴率において歴代最低であることがわかった。

 これまでの最低は、2012年10月期の阿部寛主演『ゴーイング マイ ホーム』の第9話で、4.5%。『戦う!書店ガール』は第3話で4.6%を記録していたが、最新話で同枠史上初の3%台にまで沈んでしまった。

「今回、裏番組の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)が、DAIGOに『24時間テレビ』(同)チャリティーマラソンランナーのオファーをする瞬間を放送。自己最高の16.3%を記録したとはいえ、『戦う!書店ガール』の3%台はなかなか衝撃的。さらに、前クールの草なぎ剛主演『銭の戦争』最終話が15%超えの高視聴率を叩き出していただけに、不振ぶりばかりが際立つ。また、この時間帯は4~5%台で“打ち切り圏内”といわれている。同作はギリギリ進行で撮影しているため、『戦う!書店ガール』が予定より早く最終話を迎える可能性は高そう」(テレビ誌記者)

 第6話では、すでに閉店が決まっているペガサス書房・吉祥寺店で、理子(稲森)は従業員全員が会社に残れるよう奔走。さらに、雑誌に掲載された理子のインタビュー記事が原因で、同書店内に流れる不穏な空気を見かねた亜紀(渡辺)が、行動に移す様子などが描かれた。

「ドラマの序盤では、亜紀のKYぶりや、彼女を取り巻く三角関係などが中心に描かれ、『主人公にイライラする』『ぬるい恋愛要素が、期待はずれだった』という声も目立った。しかし、ここにきて店長が裏で経営陣と手を組み、人員削減に動き出すなど、緊迫感のある展開が中心に。ネット上では、『面白くなってきた』という声が多く見受けられるものの、今から起死回生を図るのは正直難しいでしょう」(同)

 19年続く同枠で歴代最低を記録し、いよいよどん底状態の『戦う!書店ガール』。フジテレビはやはり、早期打ち切りの判断を下すのだろうか?

最終更新:2018/12/11 12:43
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真