日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 渡辺麻友ドラマが19年で最低

AKB48・渡辺麻友の“史上最低”ドラマ『戦う!書店ガール』視聴率3.6%で早期打ち切りも!?

watanabemayu0327.jpg撮影=岡崎隆生

 AKB48の渡辺麻友と、女優の稲森いずみがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール』(関西テレビ制作・フジテレビ系/火曜22時~)の第6話が19日に放送され、平均視聴率3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。1996年4月に設けられた同連ドラ枠史上、各話平均視聴率において歴代最低であることがわかった。

 これまでの最低は、2012年10月期の阿部寛主演『ゴーイング マイ ホーム』の第9話で、4.5%。『戦う!書店ガール』は第3話で4.6%を記録していたが、最新話で同枠史上初の3%台にまで沈んでしまった。

「今回、裏番組の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)が、DAIGOに『24時間テレビ』(同)チャリティーマラソンランナーのオファーをする瞬間を放送。自己最高の16.3%を記録したとはいえ、『戦う!書店ガール』の3%台はなかなか衝撃的。さらに、前クールの草なぎ剛主演『銭の戦争』最終話が15%超えの高視聴率を叩き出していただけに、不振ぶりばかりが際立つ。また、この時間帯は4~5%台で“打ち切り圏内”といわれている。同作はギリギリ進行で撮影しているため、『戦う!書店ガール』が予定より早く最終話を迎える可能性は高そう」(テレビ誌記者)

 第6話では、すでに閉店が決まっているペガサス書房・吉祥寺店で、理子(稲森)は従業員全員が会社に残れるよう奔走。さらに、雑誌に掲載された理子のインタビュー記事が原因で、同書店内に流れる不穏な空気を見かねた亜紀(渡辺)が、行動に移す様子などが描かれた。

「ドラマの序盤では、亜紀のKYぶりや、彼女を取り巻く三角関係などが中心に描かれ、『主人公にイライラする』『ぬるい恋愛要素が、期待はずれだった』という声も目立った。しかし、ここにきて店長が裏で経営陣と手を組み、人員削減に動き出すなど、緊迫感のある展開が中心に。ネット上では、『面白くなってきた』という声が多く見受けられるものの、今から起死回生を図るのは正直難しいでしょう」(同)

 19年続く同枠で歴代最低を記録し、いよいよどん底状態の『戦う!書店ガール』。フジテレビはやはり、早期打ち切りの判断を下すのだろうか?

最終更新:2018/12/11 12:43
こんな記事も読まれています

AKB48・渡辺麻友の“史上最低”ドラマ『戦う!書店ガール』視聴率3.6%で早期打ち切りも!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

AKB48の渡辺麻友と、女優の稲森いずみがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール...
写真