日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大泉洋「スープカレー事件」

温厚な大泉洋も怒った!? 某週刊誌で書かれた“スープカレー事件”の顛末とは

ooizumiyo0526.jpg

 映画『駆込み女と駆出し男』やNHK連続テレビ小説『まれ』など、現在ひっぱりダコな俳優といえば大泉洋だ。地元北海道で爆発的な人気を獲得し、満を持して東京進出。順調にキャリアを積み、俳優として不動の地位を確立している。

 高評価の理由は、場の空気を読むことに長けている点。大泉を知る映画関係者は「とにかく自己プロデュース能力が高い。演技もできるし、トークもできる。バラエティ向きのボケもできる。なんでも柔軟に対応できるから、評判がいい。本当は、繊細な人なんですがね(笑)」と話す。


 とはいえ、そんな大泉にも怒ることがあるという。それが先日、一部週刊誌に掲載された“差し入れネタ”だ。

 記事によると、北海道のスープカレーをこよなく愛する大泉は、『まれ』の撮影現場にも自身がプロデュースするスープカレーを頻繁に差し入れているという。そして、共演者やスタッフに食べさせては「どう?」と、味の感想を聞いて回っているとか。

 これに、大泉が「1回も差し入れてない!」と猛反発。確かに、2012年1月放送の連ドラ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)に出演した際は、頻繁にスープカレーを差し入れるあまり、共演者やスタッフに飽きられたことはあった。

 そのことは『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)の中で暴露され、大泉も苦笑いを浮かべるしかなかった。

「あのダメ出し以来、大泉さんがスープカレーを差し入れる回数はめっきり減った。記事を読んだ大泉さんは『いい加減なこと書きやがって』と呆れ顔。ネット上に転がっている『みなさんのおかげでした』の過去動画を見て、妄想で書かれたものでしょう。大泉さんも記事がガセであることを周囲に力説していましたよ(笑)」(同)

 裏を返せば、自分のことが書かれた週刊誌は常にチェックしているということ。なかなか侮れない男のようだ。

最終更新:2015/05/28 10:00
こんな記事も読まれています

温厚な大泉洋も怒った!? 某週刊誌で書かれた“スープカレー事件”の顛末とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

映画『駆込み女と駆出し男』やNHK連続テレビ小説『まれ』など、現在ひっぱりダコな俳優とい...
写真