日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大泉洋「スープカレー事件」

温厚な大泉洋も怒った!? 某週刊誌で書かれた“スープカレー事件”の顛末とは

ooizumiyo0526.jpg

 映画『駆込み女と駆出し男』やNHK連続テレビ小説『まれ』など、現在ひっぱりダコな俳優といえば大泉洋だ。地元北海道で爆発的な人気を獲得し、満を持して東京進出。順調にキャリアを積み、俳優として不動の地位を確立している。

 高評価の理由は、場の空気を読むことに長けている点。大泉を知る映画関係者は「とにかく自己プロデュース能力が高い。演技もできるし、トークもできる。バラエティ向きのボケもできる。なんでも柔軟に対応できるから、評判がいい。本当は、繊細な人なんですがね(笑)」と話す。


 とはいえ、そんな大泉にも怒ることがあるという。それが先日、一部週刊誌に掲載された“差し入れネタ”だ。

 記事によると、北海道のスープカレーをこよなく愛する大泉は、『まれ』の撮影現場にも自身がプロデュースするスープカレーを頻繁に差し入れているという。そして、共演者やスタッフに食べさせては「どう?」と、味の感想を聞いて回っているとか。

 これに、大泉が「1回も差し入れてない!」と猛反発。確かに、2012年1月放送の連ドラ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)に出演した際は、頻繁にスープカレーを差し入れるあまり、共演者やスタッフに飽きられたことはあった。

 そのことは『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)の中で暴露され、大泉も苦笑いを浮かべるしかなかった。

「あのダメ出し以来、大泉さんがスープカレーを差し入れる回数はめっきり減った。記事を読んだ大泉さんは『いい加減なこと書きやがって』と呆れ顔。ネット上に転がっている『みなさんのおかげでした』の過去動画を見て、妄想で書かれたものでしょう。大泉さんも記事がガセであることを周囲に力説していましたよ(笑)」(同)

 裏を返せば、自分のことが書かれた週刊誌は常にチェックしているということ。なかなか侮れない男のようだ。

最終更新:2015/05/28 10:00

温厚な大泉洋も怒った!? 某週刊誌で書かれた“スープカレー事件”の顛末とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

映画『駆込み女と駆出し男』やNHK連続テレビ小説『まれ』など、現在ひっぱりダコな俳優とい...
写真