日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 大泉洋「スープカレー事件」

温厚な大泉洋も怒った!? 某週刊誌で書かれた“スープカレー事件”の顛末とは

ooizumiyo0526.jpg

 映画『駆込み女と駆出し男』やNHK連続テレビ小説『まれ』など、現在ひっぱりダコな俳優といえば大泉洋だ。地元北海道で爆発的な人気を獲得し、満を持して東京進出。順調にキャリアを積み、俳優として不動の地位を確立している。

 高評価の理由は、場の空気を読むことに長けている点。大泉を知る映画関係者は「とにかく自己プロデュース能力が高い。演技もできるし、トークもできる。バラエティ向きのボケもできる。なんでも柔軟に対応できるから、評判がいい。本当は、繊細な人なんですがね(笑)」と話す。


 とはいえ、そんな大泉にも怒ることがあるという。それが先日、一部週刊誌に掲載された“差し入れネタ”だ。

 記事によると、北海道のスープカレーをこよなく愛する大泉は、『まれ』の撮影現場にも自身がプロデュースするスープカレーを頻繁に差し入れているという。そして、共演者やスタッフに食べさせては「どう?」と、味の感想を聞いて回っているとか。

 これに、大泉が「1回も差し入れてない!」と猛反発。確かに、2012年1月放送の連ドラ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)に出演した際は、頻繁にスープカレーを差し入れるあまり、共演者やスタッフに飽きられたことはあった。

 そのことは『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)の中で暴露され、大泉も苦笑いを浮かべるしかなかった。

「あのダメ出し以来、大泉さんがスープカレーを差し入れる回数はめっきり減った。記事を読んだ大泉さんは『いい加減なこと書きやがって』と呆れ顔。ネット上に転がっている『みなさんのおかげでした』の過去動画を見て、妄想で書かれたものでしょう。大泉さんも記事がガセであることを周囲に力説していましたよ(笑)」(同)

 裏を返せば、自分のことが書かれた週刊誌は常にチェックしているということ。なかなか侮れない男のようだ。

最終更新:2015/05/28 10:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed