日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB高橋みなみ「ウザMAX」

総選挙4位の高橋みなみが“6でもね”! 自分に酔いまくりスピーチに「ウザMAX」の声が続出

takahashiminami0609.jpg

 6月6日に行われた「第7回AKB48選抜総選挙」。そのハイライトとなったのが、13万7,252票を獲得し、4位に入った高橋みなみの8分13秒に及ぶスピーチだった。


「1位になりたかった」「人生は矛盾と闘うこと」「今を頑張らないと未来はない」「努力は必ず報われる」といったセリフに、大手メディアはこぞって感動的だったと報じたが、あまりに自己陶酔した内容に、ネット上では批判の嵐が巻き起こっている。ざっと見渡しただけでも、

「人生ってさ……とか語ってたのが見ていて一番恥ずかしかった。24歳で語るなよって。ましてやAKBっていう狭い世界で人生なんてわかるはずない」
「『1位になろうって思ったけど。“でもね”』『たくさん矛盾を感じていると思います。“でもね”』『みんな悩むと思うんです。“でもね”』などとスピーチ中に“6デモネ”。だらだらスピーチするのは文章構成能力が劣っている証拠」
「まさに教祖様。宗教家みたいで怖かった」
「ただの松岡修造のパクリ。ウザMAX」

など、散々な言われようだ。

「感動的だったと酔いしれていたのは、ファンとメンバーだけ。『努力努力』と連呼する総監督自らが枕まがいの接待現場を『週刊文春』(文藝春秋)にスクープされ、なんの釈明もしていないのだからか、説得力がないと言われても仕方ありません。不出馬だったメンバーを批判していましたが、彼女たちも『あなたから言われる筋合いはない』と思っているのでは。彼女のスピーチが長すぎて尺が足りなくなって、次の渡辺麻友にしわ寄せがきたのもかわいそうでしたね」(芸能ライター)

 高橋のスピーチ時に笑い声が入っていたことで、フジテレビには視聴者から抗議が殺到したというが、ファン以外の人には聴いたら笑われて当然の内容だったのかもしれない。

最終更新:2018/12/11 12:31

総選挙4位の高橋みなみが“6でもね”! 自分に酔いまくりスピーチに「ウザMAX」の声が続出のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

志村けん死去…大悟との寵愛関係

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村け...…
写真
インタビュー

瓜田純士がアンチにマジ切れ!?

6月6日に行われた「第7回AKB48選抜総選挙」。そのハイライトとなったのが、13万7,...
写真