日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > アカギ実写化でデスノが批判再燃

『アカギ』7月期連ドラ化で、日テレ『デスノート』にバッシング再燃! 人気漫画実写化対決に早くも明暗

akagi.jpg『アカギ』 (c)福本伸行/竹書房

 7月17日スタートの連続ドラマ『アカギ~闇に降り立った天才~』(BSスカパー!/金曜21時~)で、主人公の赤木しげる役を本郷奏多、宿敵・鷲巣巌役を津川雅彦が演じることが9日に発表され、そのビジュアルが公開された。

 原作は、1992年から麻雀漫画誌「近代麻雀」(竹書房)で連載中の福本伸行氏による同名人気漫画。実写版は過去に、柏原崇主演でVシネマが2本製作されているが、テレビドラマ化は初。ほかに、田中要次、神保悟志らが出演する。

「実写化には、原作ファンからの批判がつき物だが、本郷と津川のキャスティングの評判は上々。特に津川の変幻自在に変わる表情が『鷲巣役にぴったり』と、福本作品のファンも期待感をにじませている。また、同作は“BSスカパー!オリジナル連続ドラマ”の第3弾作品。第1弾の北村一輝・濱田岳ダブル主演『破門』、第2弾で放送中の『PANIC IN』は好評で、『民放のドラマより面白い』との評価も。次の『アカギ』も注目されそう」(テレビ誌記者)

 一方で、7月スタートの連続ドラマ『デスノート』(日本テレビ系/日曜22時30分~、初回は22時~)が、ここにきて再び槍玉に挙がっている。

 同作は、藤原竜也主演で映画化もされた人気漫画『DEATH NOTE』(集英社)の初ドラマ化。主人公のライト役を窪田正孝、エル役を山崎賢人、ニア役を優希美青、ミサ役を佐野ひなこが演じるが、先月ビジュアルが公開されると、「これはヤバそう」「見る気がしない」「日テレの実写化は外れ続き」と辛辣な意見が飛び交った。

「放送前から批判を浴びている『デスノート』ですが、『アカギ』ドラマ化のニュースを受けて、ネット上ではバッシングが再燃。内容は異なるものの、共に超人気漫画が原作であることや、公開されたビジュアルに白髪のキャラクターがいること、さらに福本氏原作映画『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年)と、映画版『デスノート』(2006年)が共に藤原主演であることなど、何かと比べたくなるような要素が多いのでしょう。放送開始後も、出来が比較されてしまうかもしれません」(同)

 早くも期待感に差が生じている『アカギ』と『デスノート』。視聴者の心をより掴めるのは、どちらの作品だろうか?

最終更新:2015/06/09 16:00
こんな記事も読まれています

『アカギ』7月期連ドラ化で、日テレ『デスノート』にバッシング再燃! 人気漫画実写化対決に早くも明暗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

「ルネッサ~ンス」で一世を風靡した……という書かれ方もうんざりするほど経験しているで...…
写真