日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大松登場曲→歌手逮捕の怪現象

リック・ロスも……千葉ロッテ・大松尚逸が登場曲に使うとアーティストが逮捕される怪現象!

omatushoitsu063s0.jpg『オーナーズリーグ OL19 N(B) 大松 尚逸/ロッテ』

 アメリカの人気ラッパー、リック・ロスが6月24日(現地時間)、暴行や誘拐の疑いで逮捕されたが、なぜかこの話に「やっぱり」と話したのが野球記者。

「実は千葉ロッテマリーンズの大松尚逸が大のヒップホップファンなんですが、少し前に彼がこのラッパーの曲を登場曲に使ったんです。大松が曲を使ったアーティストは逮捕されるとかいうジンクスがあったので、まさにその通りになったんですよ」

 現地報道によると、ラッパーのロスは自身のボディガードとともにアトランタ郊外の邸宅で男性を拳銃で殴るなどして一時監禁。首と顎に重傷を負わせたという。

 ロスの逮捕は今月2度目で、5日にも愛車に違法なスモークフィルムを貼って運転中、停車を命じた警官に止められ、車内からマリファナが見つかって逮捕。しかし、翌日の保釈後はその足で美容室に向かったことをインスタグラムで報告するなど、余裕の態度だったことが伝えられている。

 ヒップホップ好きで知られる大松は登場曲をヒップホップで統一しており、登場ごとに曲を変えるほどのヒップホップマニアだ。

「本人は趣味が音楽を聴くことだと公言するほどヒップホップにハマっていて、特にギャング系のチョイ悪ラッパーが好きなようです。ベンチで一部のフレーズを口ずさんでいることもあるそうですが、聞いたところでは同じチームの外国人選手の影響だとか」(同記者)

 大松がロスの曲を使ったから逮捕されたなんてことは、都市伝説みたいなものでしかないが「以前、大松がフロー・ライダーというラッパーの曲を使ったら、ライダーが飲酒運転で逮捕され、クリス・ブラウンという歌手の曲を使ったら、これまたブラウンも暴行で逮捕されてしまった。同じような例は他にも数えきれないほどある」と記者。


12
こんな記事も読まれています

リック・ロスも……千葉ロッテ・大松尚逸が登場曲に使うとアーティストが逮捕される怪現象!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真