日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 尾木プロが役者大量リストラのワケ

仲間由紀恵、AKB48ら所属の「尾木プロダクション」が俳優“大量リストラ”のワケ

mayuyu0701.jpgAKB48の渡辺麻友

 現在放送中のNHKのドラマ10『美女と男子』に主演している女優の仲間由紀恵の周囲が騒がしい。

「撮影は8月半ばまでありますが、どうも最近ふっくらしてきたような気がするんですよね。まさか、“妊娠したんですか?”とも聞けないですしね。ただ、事務所はいつそうなってもいいように、いろいろと動いてるみたいですよ」(NHK関係者)

 彼女が所属する芸能事務所「プロダクション尾木」が、妙な動きを見せ始めているという。


「尾木プロは芸能界の中でも大手事務所のひとつですが、ドラマや映画の主演、CMを取れる人という点では、仲間さん以外にはいないのが現状です。AKB48の小嶋陽菜さんや渡辺麻友さんもいますが、仲間さんと同等かといわれると、やはり比べものになりません。そんな尾木プロが、今、役者の“リストラ”を進めているんです」(芸能事務所関係者)

 仲間やAKB48のメンバーを除くと、舞台系の役者が多いのがこの事務所の特徴だ。

「尾木プロは『尾木プロ THE NEXT』という系列の子会社もあるのですが、こちらは、ほとんどが舞台系の俳優や女優ですね。彼らも含めて、今後はテレビや映画で使える役者だけを残して、20~30人くらいリストラするようです。要は、金にならないからだと。マネジャーたちは今年の頭くらいから、その役者たちの“移籍先”を探すのにかなり翻弄されているようです。それも、仲間さんが妊娠して休業したら、売れない役者を抱える余裕がないというのが実情のようです」(テレビ局関係者)

 仲間の妊娠は、事務所にとっても一大事のようだ。

最終更新:2016/08/31 11:23
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed