日刊サイゾー トップ > 海外  > 世界遺産ツアーの警備は大丈夫?

くすぶる“嫌がらせ・テロ”の恐怖……世界文化遺産を巡るツアーパックの警備は大丈夫か

07078hashima.JPG“軍艦島”こと端島

 先日の「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録は、歓声が響く一方、不安の声も聞かれる。

「嫌がらせとか、テロみたいなことがなければいいんですが……」

 福岡など8県23資産の世界文化遺産登録への登録は、韓国の抵抗で審議の先延ばしもあった。7月5日、ユネスコ世界遺産の仲間入りが決定した際は、韓国も渋々賛成に転じ、21委員国の全会一致となったが、これで収まらないのが韓国内の“反日”勢力。一部施設で朝鮮人労働者を強制的に徴用した話については、「働かされた」とする文言を文書に入れることでの合意が伝えられたが、韓国の一部メディアでは「太平洋戦争の道具は世界遺産にふさわしくない」と、いまだ批判が継続。さらに日本批判を続ける市民団体からは「島を破壊すべき」と、軍艦島の通称で知られる長崎県の端島を指して過激な声すら上がっている。

「軍艦島は、ナチスによるアウシュビッツ強制収容所と同じようなものだ」

 今回の登録決定を受け、市民団体「平和と安らぎの心」のメンバーは、ネット上でそう主張。さらに「施設にMERS患者を乗り込ませたい」「テロとは見なされない攻撃方法もある」などと過激な意見を投稿し「準備をして、来年1月に登録された場所で同時行動を行う」と“犯行予告”まで行った。

 こうした投稿は一部の良識的な韓国民から「恥を知れ」と批判が持ち上がり、すぐに非公開とされたが、福岡県の八幡製鉄所や長崎県の三菱長崎造船所、佐賀県の三重津海軍所跡など、登録された各所では、こうした反発が形となって現れないかと不安を抱く市民も少なくない。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真