“まりりん”白石茉莉奈が早稲田大学・大隈講堂に登場! 現役早大生に AV男優のススメ?

mariin070904.jpg

 セクシー女優の白石茉莉奈が2日、早稲田大学の大隈小講堂でAV監督の二村ヒトシ氏と「早稲田の中心で性を叫ぶ」と題したトークショーを行った。白石は二村監督とともに集まった就活中の早大生らにAV業界の魅力を紹介。学生らに“AV男優のススメ”も行った。

 夫も子どももいる人妻でありながら、ソフトオンデマンド専属女優として2年前にデビュー。アイドル級のルックスで瞬く間に人気女優となった白石。この日も登壇するなり早大生の「まりりん」コールに迎えられるなど大人気だった。本人も会場を見回して「すごい熱気ですね~」と驚きの表情で、「短い時間ですが、みなさんと、たくさんたくさんエッチなお話できればいいですねー」とにっこり。

 その後、早大生に「就活真っ最中の方はどれくらいいますか?」と問いかけると、さっそく学生らにAV業界の魅力を熱弁。白石自身、AV業界については「やってみるまで、いい印象はなかった。恐いイメージしかなかった」というが「いざ飛び込んでみると、やればやるほど楽しくて。ただエッチしているところを映像に撮るだけの世界じゃないんだなって。1本の作品を撮るのに、こんなにもいろんな才能のある人が関わっているんだなって」としみじみ。

 デビュー後、最大の難関となったのは痴女モノの撮影だったといい、「二村監督の作品にも2本出たんですが、痴女モノは、ドMな私には本当に難しくつらい現場でした。いろんなことを要求されて悩みました。おかげで『もっとこうしてください』のドM精神に加えて、『ここがいいんでしょう?』の痴女精神が身に付いたというか、女優としても大きく成長できたと思います」と述べると、「痴女っていうと、みなさん“ヒールでグリグリ”みたいな、そんなイメージでしょうけど、実はそうではなくて、ドMと同じ。痴女の行為もある種、自分を気持ちよくしてくれた相手へのお返しというか、基本奉仕の精神なんです」と自らの痴女哲学も披露。

 現場でのキャリアを通じてAV男優にも常に尊敬の念を抱いているようで、「ドラマっぽいシチュエーションだと、気持ちが入って、本当に男優さんのことを好きになることもあります」と頬を赤らめると、「やっぱり体の相性というのもあって、今日この男優さんとエッチできるんだって思うと、ときめいて嬉しいって思うことも。男優さんって、本当にたいへんなんです。ただそういうことをするだけでなく、ただ気持ちいいだけでなく、プロフェッショナルでいなくてはいけない。イキたいからって好きな時にイケいけばいいというものではないんです」と切々。「AV業界にすすむ大学生は監督を目指す人が多いと思いますが、監督だけじゃなく、みなさん、AV男優さんも目指してはいかがですか」と学生たちに呼びかけた。

12

“まりりん”白石茉莉奈が早稲田大学・大隈講堂に登場! 現役早大生に AV男優のススメ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真