日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 花燃ゆの乃木坂に「バカ殿?」

NHK『花燃ゆ』に乃木坂46がズラリ、今度は男性視聴者獲得に奔走も「バカ殿様のコント?」の声

nogizaka0709.JPGNHK公式サイトより

 先月28日の放送も視聴率2ケタを割るなど、不振続きのNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。NHKは8日、今月19日の放送にアイドルグループ・乃木坂46の“十福神”が出演すると発表した。

 十福神とは、乃木坂46の生駒里奈や白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花ら、人気メンバー10名を指す名称。彼女たちが演じるのは、松坂慶子演じる奥の女帝・都美姫から重要な任務を受けている“美しい10人の女性たち”だという。

 公式サイトで、そのビジュアルが公開されるやいなや、ネット上では「バカ殿のコントみたい」「これ、バカ殿の収録だよね? そうだよね?」といったコメントが殺到。どうやら、アイドルがゲスト出演することで知られる長寿コント番組『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)を彷彿とさせるとして、大河としては違和感を覚える人が少なくないようだ。

 『花燃ゆ』といえば、先月21日放送分にもブレーク中のお笑い芸人・どぶろっくを登場させたりと、話題作りに余念がない。しかし、視聴率の回復は一向に見られず、早くも年間平均において大河史上最低となるのは確実だ。

「確かに、カツラを付けたアイドルが時代劇セットの室内に何人も並んでいると、大河というよりは『バカ殿』に見えますね(笑)。『花燃ゆ』は、色とりどりのイケメン俳優陣を取り揃えていることから、“イケメン大河”“少女漫画大河”などと呼ばれてきましたが、7月から女性が多く出演する『大奥編』が始まったことを機に、NHKは男性視聴者の獲得に乗り出した模様。もし、今回のアイドル作戦が成功したら、今後さらに“客寄せパンダ”的なキャスティングが増えるかもしれません」(テレビ誌記者)

 『花燃ゆ』にとって、乃木坂46の出演は得策か? それともただの「バカ殿みたい」との評価で終わってしまうのだろうか?

最終更新:2015/07/09 16:00
こんな記事も読まれています

NHK『花燃ゆ』に乃木坂46がズラリ、今度は男性視聴者獲得に奔走も「バカ殿様のコント?」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

先月28日の放送も視聴率2ケタを割るなど、不振続きのNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。NHKは...
写真