日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 常軌を逸した韓国「報復運転」

急ブレーキで追突事故を誘発!? 常軌を逸した韓国“危なすぎる”報復運転にご用心!

「報復運転」動画

 韓国のテレビで最近、毎日のように取り上げられているニュースがある。ズバリ、「ホボッ・ウンジョン」だ。日本語で書くと「報復運転」事件となるが、これは車を運転中に進路を妨害されたり、先行車が急ブレーキをかけたりすると、それに対抗して報復する行為のこと。それも、最近はその度合いがひどく、ブチ切れて倍返しするヤカラが後を絶たない。

「普段は穏やかなのに、ハンドルを握ると別人になる」という話はよく聞くが、韓国では別人どころか犯罪者になってしまうといっても大袈裟ではないのだ。

 ここ3カ月間で警察に摘発された報復運転は、ソウル市内だけで100件以上。その主な原因は、車線変更のトラブルだという。ウインカーを出さずに急に自分の前に割り込んできたとか、割り込もうとしたが道を譲ってくれなかったという、相手の運転マナーの悪さにカッとなって、仕返しを決心するというのだ。

 それも、パッシングをされたり、クラクションを鳴らされたりした時には怒り爆発。罵詈雑言を浴びせるだけではなく、相手の車を追いかけ追い越し、嫌がらせを連発。相手の車の前でスピードの加速と減速を繰り返して威嚇し、最後はわざと急ブレーキを踏んで追突事故を起こさせるというのだからタチが悪い。ヘタをすると自分の命にも関わりかねない、狂気じみた危険行為に走っているのだ。

 しかも、さらなる問題は、第三者も事故に巻き込まれ、ケガを負わされてしまう可能性が高いということだ。例えば、自分の前を走っている市営バスが視界の邪魔になるとの理由で、アクセルを踏んでバスの前に割り込み。その後、急ブレーキを踏んで後続のバスを急停車させ、乗客にケガを負わせる事故もあった。また逆に、自分の前に割り込んだ車にカッとなったバスの運転手が、その車を執拗に追い込むあまりに乱暴運転となり、バスの乗客がケガをするという出来事もあったのだ。

 アンケートによると、10人中4人は報復運転された経験があるというが、なぜ韓国の運転事情はここまで荒くなってしまったのか? もともと韓国人は、日本人に比べると運転が荒いといわれてきたが、昨今はその荒さがかなり深刻である。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

急ブレーキで追突事故を誘発!? 常軌を逸した韓国“危なすぎる”報復運転にご用心!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

韓国のテレビで最近、毎日のように取り上げられているニュースがある。ズバリ、「ホボッ・ウン...
写真