日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有村架純をAV女優扱いさせた姉

有村架純を“AV女優扱い”させた姉のDカップ・グラドル新井ゆうこの「利用されたくない」戦略

 片や有村側も、新井に利用されることをよしとしない。

 今月9日に発表された「2015上半期 タレントCM起用社数ランキング」で、有村は9社で堂々の5位にランクイン。「CMクライアントはタレントのイメージを最優先にキャスティングする。有村側としては、新井の過激なグラビアや今後報道されるかもしれないスキャンダルを過剰に恐れ、新井側に利用されることをイヤがっているようです」とある芸能事務所関係者。

「さらにいえば、有村の所属事務所は、芸能界を牛耳る『音事協』にも『音制連』にも加盟せず、独立系を保っている。有村に来たドラマやCMのオファーもほとんど断らず、どんどんこなしていく。でも、よその事務所と協調してやっていく方針ではない。代わりにバーターをゴリ押し。フジ系のドラマ『リスクの神様』では、戸田恵梨香のバーターで山口紗弥加をねじ込んでいます。閉鎖的なところは、ジャニーズ事務所にそっくりですね」(前出関係者)

 現状、新井と有村には天と地ほどの格差があるが、姉妹仲はいいという。実の姉妹関係ながら、両者の事務所が互いに距離を置き、それで有村が“AV女優扱い”されるとは、なんとも皮肉な結果を招いてしまった。

最終更新:2015/07/28 12:00
12

有村架純を“AV女優扱い”させた姉のDカップ・グラドル新井ゆうこの「利用されたくない」戦略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

「これじゃあ、有村架純がAV扱いじゃないか――!」 7月18日発売の「週刊大衆」(双葉社...
写真