日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > おのののか「パイパイ」でダダ滑り

おのののかがあざとすぎる!? 唐突“パイパイ発言”に見た「男性ファン離れ」対策のダダ滑り感

IMG_7677`.jpg

「思い切った(発言だ)な!」

 バラエティタレントの小島瑠璃子が思わず声を上げた。2日16時から放送された『世代間クイズ! 昭和人VS平成人』(フジテレビ系)での一幕である。

 昭和世代と平成世代に分かれた解答者が、昔はやったものに関するクイズで対戦する、という番組趣旨なのだが、小島が記事冒頭の発言をしたのは、「昭和57年に男性雑誌『ポパイ』の女性版として創刊され、今年特別付録として復活した女性ファッション誌の名前は?」というクイズが出題された際のこと。

 漫画ポパイの恋人の名前、というヒントが出され、「オリーブ」という名前をなんとなく知っていたのか、小島は「オリビアン」と惜しい答え。悔しそうな表情を浮かべる小島は、続く平成世代解答者のおのののかに正解の望みを託し見つめる。

 しかし、そんな小島の期待など露知らぬとばかりに、おのは平然とした顔で「パイパイ」と珍解答。思わぬ下ネタ解答に、芸人のアントニーだけが「おお!」と一応色めき立ったものの、それをかき消すように「思い切った(発言だ)な!」と、真面目に答えた自分が馬鹿らしくなったのか、はたまたおのに対してイラ立ったのか、小島が思わず声を上げたのだった。それでもボケた表情を浮かべたままのおのだったが、この発言に対して、

「あざとすぎる!」
「そんなことで、男が興奮すると思ったら大間違いだ!」
「どうせ言うなら、思い切っておっぱいと言え」
「球場にいる酔っぱらいのおやじだったら、喜んでくれるかもしれないな。いっそのことビール売りに戻れ」

などと、一部で批判が殺到しているようだ。そもそも、おのはなぜ、このような珍解答をしたのだろうか?

「先月19日に放送された『逃走中 ~めちゃ×2本気で逃ゲてるッ!~』でも、ナイナイ岡村を盾にして、まんまと156万円をゲットして批判を浴びましたよね? 彼女、もともと同性からの支持は絶望的に低いのですが、あの放送後に頼みの綱である男性ファンからも愛想を尽かされ始めてしまった。これ以上ファン離れが起きないように、もう一度原点である“セクシー路線”に回帰しようと思ったんじゃないですかね」(テレビ関係者)

 仮にそのようなソロバンをはじいての「パイパイ」発言であったならば、ダダ滑りも甚だしいところ。「男性に媚びている」というのが、女性がおのを嫌う理由の1つであるが、それが男性の鼻にまでついてしまうようになれば、おのの人気が低迷するのも時間の問題となりそうだ。

最終更新:2015/08/04 20:00
こんな記事も読まれています

おのののかがあざとすぎる!? 唐突“パイパイ発言”に見た「男性ファン離れ」対策のダダ滑り感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

「思い切った(発言だ)な!」 バラエティタレントの小島瑠璃子が思わず声を上げた。2日16...
写真