日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小池徹平はウエンツのヒモか?

小池徹平はウエンツのヒモ状態!? WaT、メジャーデビュー10周年で立場は完全に逆転か

wat0812wb.jpg『WaT Collection』(UNIVERSAL SIGMA(P)(M))

 ウエンツ瑛士と小池徹平がデュオを組むWaTが、フジテレビの夏の恒例イベント『お台場夢大陸 めざましライブ』に登場。会場を大いに盛り上げた。

 今年でメジャーデビュー10周年を迎え、5年ぶりに活動を再開したWaT。11月には新作のリリースも決まっており、精力的に活動をしている。しかしその背景には、以前よりも人気が低下した小池徹平が、過去の栄光を取り戻すために、WaT人気にすがりついているのでは? という意見も一部で飛び交っているようだ。

「結成当時は、“ジュノン・ボーイ”の肩書をもつ小池のほうが、WaTの人気を牽引してましたよね。実際、輝いてましたよ。ウエンツも顔は知られていたけど、一時期芸能界を引退するなど、決して順風満帆ではなかった。そんな時に出会って、ブレークのきっかけをつくってくれた小池に、今でも恩義を感じているのでは?」(芸能関係者)

 当時、ネット上では、“ジャニーズが共演を拒否している”とウワサが立つほどの美少年ぶりで、小池はドラマや映画に引っ張りダコであった。だが、芹那との密会報道をきっかけに次第に女性ファンが離れ、年齢とともに容姿にも陰りがさしてきたことから、タレントとして行き詰まっているようだ。それとは対照的に、「お笑いが好き」と公言し、地道にバラエティ番組で頑張ってきたウエンツは、現在ではいくつものレギュラー番組を抱え、ベッキーらと「ハーフ会」を開くなどして、着実に芸能界での勢力を広げている。

「正直、今回の再結成で得をするのは小池さんだけじゃないですかね? ウエンツさんはもともと忙しいのに、さらに忙しくなって負担が増すばかり。CDを出しても以前ほど売れるわけじゃないですから、レコード会社にとっても決しておいしい話ではない」(音楽業界関係者)

 かつては、「福山雅治さんのように、音楽と俳優を両立できてる人になりたい」と語っていた小池だが、現状はどちらの活動も福山には遠く及ばない様子。

 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』では、“ストーブさん”というあだ名の優柔不断なダメ男を演じるなど、路線変更も試みている様子だが、今後は相方ウエンツを見習い、三枚目キャラを模索していくことになるのだろうか?

最終更新:2015/08/12 20:00
こんな記事も読まれています

小池徹平はウエンツのヒモ状態!? WaT、メジャーデビュー10周年で立場は完全に逆転かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...…
写真