日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > タイ爆弾テロ次の標的は日本!?

タイ・バンコク連続爆弾テロ、次の標的は“日本”!? 自衛隊・警察のテロ対策に専門家「懸念ある」

bankoku0825wb.jpgタイ バンコクでの爆破事件を報じる動画(画像はAFPBB Newsより)

 8月17~18日、タイのバンコクで連続爆弾テロが発生。17日の事件は繁華街の交差点で爆発して20人が死亡、日本人1人を含む125人が負傷した。

 当初、この事件は前首相であるタクシンを支持する“タクシン派”の仕業だという見方があった。同派の人物による「14日から18日の間は気をつけることだ」という犯行予告ともみられるネット上の書き込みが話題となったからだ。犯人が着ていた黄色のTシャツは、同派が現政権支持派の犯行に見せかけるためのものだという人もいた。

 しかし、その後に犯人が片言の英語を話すイラン人風の男だということが判明。タイ警察は国内ではなく海外のテロ組織の犯行とみて、20日に国際刑事警察機構を通じて国際手配した。

「これがイスラム過激派による犯行であれば、今後、被害が日本に及ぶ可能性がある」と話すのは『バトル・オブ・ジャパン』(ベストセラーズ)などの数々の著書で知られる軍事評論家・青山智樹氏だ。

「ISISは日本に対して宣戦を布告していますから、十分警戒が必要です。自衛隊は2004年、対テロ特殊部隊、特殊作戦群を編成しました。訓練でヘビを食べるともいわれる過酷な特殊訓練を受けたレンジャー章保有者から選ばれた部隊です。警察も各都道府県単位で専属の特殊捜査係、特殊急襲部隊を持っています。また、警察には武装テロ集団を想定した特殊班がいて、狙撃銃など通常の警察官とは違う強力な武装をしています。この警察の特殊部隊は長く存在が秘匿されていましたが、1996年に公開されたもので、機動隊員から志願者を集めた約300名の組織ともいわれます。すでにハイジャック事件や、オウム本部突入などの経験もあって、自衛隊との間で連絡を取り合い、共同訓練も行っているんです」

 しかし、青山氏はそんな徹底的に訓練された部隊でも「万一、日本でテロがあった場合の対策に懸念がある」ともいう。

12

タイ・バンコク連続爆弾テロ、次の標的は“日本”!? 自衛隊・警察のテロ対策に専門家「懸念ある」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

8月17~18日、タイのバンコクで連続爆弾テロが発生。17日の事件は繁華街の交差点で爆発...
写真