本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

最低視聴率『グッディ!』は「私には合わない……」安藤優子の後釜に座るのは滝川クリステル?

goody0812

 番組スタートから1%~2%台という低視聴率が続くフジテレビ系の昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』の安藤優子キャスターが、番組スタッフのたび重なる行き過ぎ取材に「私には合わない」とギブアップしたという情報が流れて、急遽、降板説がウワサされている。

 だが、安藤は“打倒!ミヤネ屋”を掲げるフジのワイドショーのキャスターとして、この仕事を引き受けたはずだ。ワイドショーとはそもそも、スキャンダルやゴシップが発覚した芸能人への直撃取材が売り物だった。“芸能リポーターの元祖”と呼ばれた梨元勝や石川敏男然り。ただし、フジ専属の前田忠明は、今の宮根誠司と同じように大手芸能プロに擦り寄った取材ばかりしていたが、現場のワイドショーのスタッフは突撃取材でそれなりに頑張っていた。それこそがワイドショーの真骨頂。最近は芸能プロとの力関係や、一部視聴者からのクレームを気にしてか、過激な取材は減ってきたが、『グッディ!』は視聴率で大差をつけられた日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』に挑むべく、古きワイドショーの復権を目指したはず。安藤は、そんなワイドショーの世界に自ら足を踏み入れたのだ。それを今になって「私には合わない」というのは、低視聴率の責任逃れ、敵前逃亡としか思えない。

 これまで指摘されてきた『グッディ!』スタッフの行き過ぎとは、SMAPの中居正広が父親を亡くした直後に直撃取材を敢行したこと、事故死を遂げた萩原流行の妻の記者会見中継でルール違反を犯したこと、番組コメンテーターの土田晃之が、森進一への直撃取材のVTRを見て「本当にクソみてぇだな」とマジ切れした一件などがあるようだ。

 しかし、記者会見のルール無視は別にして、その他2件はワイドショーのスタッフとして、当然の行動だ。芸能人は話題になってなんぼ。土田がマジ切れした森の件にしても、寝てるところを無理矢理起こして直撃したのなら問題だろうが、早朝、散歩しているところを直撃。森は昔は大物歌手として常に脚光を浴びたが、最近はヒット曲もなく忘れられた存在だ。その森にとって、久々の取材は迷惑どころかうれしそうに見えたのは筆者だけだろうか?


12
こんな記事も読まれています

最低視聴率『グッディ!』は「私には合わない……」安藤優子の後釜に座るのは滝川クリステル?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

番組スタートから1%~2%台という低視聴率が続くフジテレビ系の昼の情報番組『直撃LIVE...
写真