日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 天海祐希『偽装の夫婦』は大丈夫!?

天海祐希ドラマ『偽装の夫婦』は大丈夫!?『○○妻』で柴咲コウを“死亡オチ”させた脚本家・遊川和彦氏の前科

giso0828wb『偽装の夫婦』(日本テレビ)公式サイトより

 女優の天海祐希が主演を務める10月スタートの連続ドラマ『偽装の夫婦』(日本テレビ系/水曜22時~)の脚本を、同局1月期で放送された柴咲コウ主演『○○妻』で袋叩きに遭った遊川和彦氏が手掛けることがわかった。

『偽装の夫婦』は、愛を知らずに育った人間嫌いの主人公(天海)が、25年ぶりに再会した昔の恋人(沢村一樹)と偽装結婚に至るという、一風変わった家族ドラマ。共演に、内田有紀、坂井真紀、田中要次ほか。


 これまで、同局の『女王の教室』や『家政婦のミタ』など、ヒット作を世に送り出してきた遊川氏だが、2012~13年放送の夏菜主演NHK連続テレビ小説『純と愛』以降の評価は散々なもの。特に、柴咲が東山紀之演じるニュースキャスターの“契約妻”を演じた『○○妻』の最終回では、酷評が殺到。視聴者から「最後まで見て損した」「もう、遊川脚本は見ない」と辛らつな声が相次ぎ、ネット上では炎上騒動に発展した。

「毎度、奇をてらった設定が話題を呼ぶ遊川作品ですが、『○○妻』の最終回では、仲良く土手を歩いていた主人公夫婦が、金属バッドを振り回しながら歩く高校生不良グループに偶然遭遇。夫が不良に一発蹴られ、土手から転げ落ちる夫を妻が庇い、死亡。安っぽいトンデモ展開に、視聴者が呆気にとられてしまった。遊川氏は、過去にもTBS系の連ドラ『十年愛』で、大江千里演じるメインの登場人物を、故障で高速回転するメリーゴーランドの遠心力で吹き飛ばして死亡させたりと、それまでの雰囲気をぶち壊すような強引な展開をたびたび描いてきた。最近はそんな遊川作品にウンザリしている視聴者も多く、『偽装の夫婦』が大コケする可能性も十分ありそう」(テレビ誌記者)

『偽装の夫婦』も、突如出現するトンデモ展開を「楽しむ」くらいの軽い気持ちで見始めなければ、後で痛い目に遭いそうだ。

最終更新:2019/02/19 16:28
こんな記事も読まれています

天海祐希ドラマ『偽装の夫婦』は大丈夫!?『○○妻』で柴咲コウを“死亡オチ”させた脚本家・遊川和彦氏の前科のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

女優の天海祐希が主演を務める10月スタートの連続ドラマ『偽装の夫婦』(日本テレビ系/水曜...
写真