日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 山田哲人「かわいそう」の声その理由とは?

セ界最注目の男“トリプルスリー”山田哲人「活躍すればするほど、かわいそう」の声……その理由とは?

yamaoka0925東京ヤクルトスワローズ公式サイトより

 今年のプロ野球界が、すごいことになっている。福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐と東京ヤクルトスワローズの山田哲人の2人によって、松井稼頭央(当時、西武ライオンズ)以来13年ぶりのトリプルスリー(打率3割、ホームラン30本、30盗塁)という大記録がセ・パ両リーグで生まれようとしているのだ。ソフトバンクはすでに優勝を決め、ヤクルトもただ今セ・リーグの首位に立っている。今年のプロ野球界は、この2人を中心に回っていると言っても過言ではないだろう。しかし、そんな大活躍の2人に、この先、圧倒的な格差が生まれてしまうと、ファンの間から嘆きの声が聞こえてきている。

「柳田の今年の年俸は推定9,000万円なのですが、同じソフトバンクの長谷川が去年8,000万から2億に上がったことを考えると、来年の柳田は最低でも2億5,000万円、もしかしたら3億円を超える可能性があるといえますね。しかしそれに比べて山田は、トリプルスリー+三冠王で、2億円前後と報道されました。三冠王は厳しめの現状を見ると、ヘタをしたら2億に届かず、柳田との差は、実に1億円以上になってしまうかもしれないんです。これには、ファンからも『山田かわいそう!』『やる気を失うのでは?』と、同情の声が上がっています」(スポーツライター)


 過去には、日本ハム時代のダルビッシュ最大のライバルとされていた当時西武ライオンズ涌井秀章が、年俸を2億円以上離されたことにより、モチベーションを失ってしまったといわれている。柳田の契約更改に合わせて、山田の年俸が上がることはありえないのだろうか?

「ソフトバンクは、巨人と並ぶお金持ち球団ですからね。マネをするのは難しいでしょう。それに今年のヤクルトは、打点王争いトップに立つ畠山和洋と、首位打者を手中に収めている川端慎吾の年俸も大幅に上げないといけないので、山田の年俸は上げたくてもそれほど上げることはできないと思われます。さらに来年のことを言ってしまうと、2人が活躍し続けた場合、柳田は4億円超えしてもおかしくないですが、山田はおそらく3億円にも届きません。ソフトバンクは、松中信彦に5億円を4年連続で支払った過去がありますが、ヤクルトの過去最高は、メジャーに行く前年の青木宣親の3億3,000万円ですから、離されていく一方ですよ。『FA取ったら間違いなく移籍するな』『もういいから、メジャーで死ぬほど稼いできてくれ!(泣)』と、山田が近い将来ヤクルトを離れることを危惧しているファンも少なくありません」(同)

 お金が欲しさに他球団に移籍しても、同じだけの働きができるかわからないのが、野球の難しいところ。比較的狭い神宮球場を本拠地とするヤクルトだから今の成績が残せているという可能性を、完全には否定できない。契約更改の結果がどうであれ、山田がヤクルトを恨むことがないよう、切に願うばかりだ。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2015/09/26 18:00

セ界最注目の男“トリプルスリー”山田哲人「活躍すればするほど、かわいそう」の声……その理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

今年のプロ野球界が、すごいことになっている。福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐と東京ヤク...
写真