日刊サイゾー トップ > 芸能  > キンコン西野の強がりが寒すぎ

「日本一どうでもいい報告」キングコング・西野亮廣のTwitter終了宣言 寒々しい強がりの理由とは!?

nishino05s608.jpg

 残念すぎる姿に目もあてられない、といったところか。

 お笑い芸人・キングコングの西野亮廣が、Twitterを終了したことを報告した。理由は「飽きた」ということらしく、また「呟いている自分が急激にダサく感じてしまいました。『呟くなよ、作れよ』と。あくまで、自分自身に対してね」と、絵画や小説などの芸術活動に力を注ぐ意向を示したのだが……。

「8月、西野は自身の発言がいちいち“炎上”してしまうことに『本当に嫌われていると思う。これ以上は嫌われたくない』と嘆いていました。これまで『ひな壇芸人やりたくない』『2ちゃんねらはアホ』『26歳で車が2台、チョーシに乗ってナンボ。叩かれてナンボだ』など余裕とも挑発ともいえる発言を繰り返していましたが、ついにメンタル的に耐えられなくなったのかもしれません。Twitterに関しても『飽きた』のは強がりで『もうイヤ!』が本音じゃないですか(笑)」(芸能記者)


 世間、とりわけネットユーザーを“意図的”に逆なでしてきた西野だが、あまりの攻撃に嫌気がさしたということか。今回の発言に対し、当然ながらネットでは「興味ない」「アナタのネタに飽きた」「ここ最近で一番どうでもいいニュース」とまさに“フルボッコ状態”だ。

「そもそもTwitterを“終了宣言”する必要がありませんよね。今後も事務所のお知らせなどは配信するようですし“終了”でもない(笑)。少しでも話題を作ろうとしているのがミエミエですよ。ただでさえ『はねるのトびら』(フジテレビ系)が終了して出番がなくなった上に、人気構成作家・鈴木おさむ氏の著書を『ちっとも面白くない』と批判して大バッシングを受けて即謝罪するなど、“無配慮キャラ”のイメージはいまさら拭えない。絵画に関しては評価の声もあるものの、海外作品の“パクリ”疑惑が出るなど信頼は置かれていません。いよいよ八方塞がりですね」(同)

 テレビは開店休業状態の西野。相方の梶原雄太も「束縛夫」「母親の生活保護不正受給」などブラックイメージがついてテレビで見かけることはほぼない。デビュー以来、一気に芸能界を駆け上がったキングコングだったが、まさにその“勘違いキング”っぷりで自らの道筋が閉ざされているとは、なんとも皮肉である。

最終更新:2015/10/05 19:30
こんな記事も読まれています

「日本一どうでもいい報告」キングコング・西野亮廣のTwitter終了宣言 寒々しい強がりの理由とは!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

残念すぎる姿に目もあてられない、といったところか。 お笑い芸人・キングコングの西野亮廣が...
写真