日刊サイゾー トップ > 芸能  > マツコ・デラックスの“裏の顔”

モノマネはNG!? “独り勝ち”マツコ・デラックスの裏の顔とは――

matsuko101602

 入れ替わりの早い芸能界において、現在不動のNo.1タレントといっていいのが、マツコ・デラックスだ。

 4月スタートの深夜番組『マツコとマツコ』(日本テレビ系)は先日放送終了したものの、出演番組は週に8本以上。オファーも絶えず殺到している。

 CM部門でもアイドルや人気女優に混ざって、起用社数ランキングの常連。その影響力はすさまじく、番組での発言はすぐにネットに反映され、絶賛のコメントが並ぶ。


 人気の秘訣について、テレビウォッチャーは「毒舌なんですが、ほとんどが正論なんですよね。空気を読むのが抜群にうまく、弱い者に優しい部分も好感度が高い理由でしょう」と話す。

 テレビ各局では、マツコ担当と呼ばれるイケメン男性を配置しているというウワサも……。一方で“裏の顔”もある。週刊誌記者は「人のことは舌鋒鋭く突っ込むのに、自分のことを笑いものにされると、ブチ切れる傾向にある。ある雑誌社では近影を撮ったくらいで、本人から猛抗議が来たそうです。電話越しの声は完全にオッサンで、『掲載したら許さねーからな!』とまくし立てられたそうです」と明かす。

 芸能界でも、雛形あきこが“地雷”を踏んだといわれる。2010年7月の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で雛形は、マツコをモデルにした「アキコ・デラックス」に変装。あまりの激似ぶりに、視聴者の中でも雛形だと気付かない人が多かったが……。

「マツコさんは自分のモノマネをされるのが大嫌いで、それを見てブチ切れたそうです。それ以来、各局でマツコさんの“モノマネNG”が通達されました」とはテレビ関係者。

 前出の週刊誌記者は「今のテレビ業界は、マツコで持っているといっていい。誰も文句は言えませんよ」と話す。マツコの天下は、当分続きそうだ。

最終更新:2016/12/13 18:16
こんな記事も読まれています

モノマネはNG!? “独り勝ち”マツコ・デラックスの裏の顔とは――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

入れ替わりの早い芸能界において、現在不動のNo.1タレントといっていいのが、マツコ・デラ...
写真