日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高部あい実母「見かけなくなった」

コカイン逮捕の高部あい“娘自慢”だった実母を「見かけなくなった」証言多数で……

 年齢的には20代前半の若いときは業界に慣れ始めたばかりで行動にも気をつけるが、30前後になるとそのストレスも蓄積、そこそこのキャリアがあることで、さらなる成功へのプレッシャーから焦りも生まれる。

 そして、清純派というキャラクターを売りにした女性タレントの場合、本来そうではない素性との落差が激しくなり、これまたストレスになる。大ブレークとまでは言い難い高部あいは27歳の清純派で、これらの条件が合致。もちろんこれはひとつのパターンに当てはめたもので、推察でしかないが、演じていた女優としてのイメージと本人のキャラクターが大きくかけ離れ、そのストレスからハメを外す場合の反動が大きくなっていたということはなかったか。

 CM契約が多くなければ、決して高収入にはつながらないといわれるオスカー系タレントは、その知名度を高めるための出演を増やすのが通例。多忙な日々の中でのストレス解消が、違法薬物であった可能性はある。いずれにせよ、今回の逮捕で仕事のドタキャンもあり、冤罪でもない限り、タレント復帰はまずかなわないだろう。

 ただ、前出の知人女性は「娘さんは何度か会ったとき、とても感じがよかったけど、こういうことがあるとマスコミにボロクソに言われてしまうから大変でしょう。親にとって自慢の娘だったはずが、一転して世間の恥になってしまうのですから」と、高部容疑者より親のストレスを心配していた。
(文=片岡亮)

最終更新:2016/12/13 18:30
12

コカイン逮捕の高部あい“娘自慢”だった実母を「見かけなくなった」証言多数で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

10月中旬に自宅からコカインが見つかるなどして麻薬及び向精神薬取締法違反(所持)で逮捕さ...
写真