日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 香里奈ドラマ「内容はいいのに…」

香里奈『結婚式の前日に』惨敗で漂う悲愴感「しっかりしたドラマなのに……」

carina1106

 香里奈が『結婚式の前日に』(TBS系/火曜午後10時~)で、約2年ぶりにドラマ復帰したが、その視聴率は芳しいものではない。

 初回は、今クールの民放プライム帯の連ドラでは最低となる7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタート。第2話では4.6%と、早くも禁断の5%割れ。第3話は裏の松坂桃李主演『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)が、日本シリーズ中継の延長で午後11時台に繰り下がったことが功を奏したのか、6.1%と少し上げたが、11月3日放送の第4話では5.7%と再び降下。この調子では、ここから大きく数字を上げるのは難しい状況となってきた。

 視聴率は低いものの、作品自体は決して悪いものではない。ストーリーもしっかりしており、香里奈の婚約者役の鈴木亮平以下、その母親役の江波杏子、香里奈の父親役・遠藤憲一、その妹役・美保純、母親役・原田美枝子らの実力派キャストがしっかり脇を固め、好演している。

 それなのに、視聴率が上がらないのは、やはり香里奈のイメージダウンが響いているのだろう。

 昨年3月、香里奈のあられもない大股開き写真が写真週刊誌に流出。それ以降、香里奈はテレビから消えることとなり、イメージキャラクターを務めていたニッセンのCMも終了。最近になって、モデル業を再開し、2年ぶりのドラマ復帰を果たしたが、清楚系キャラで売っていただけに、あのイメージダウンは1年半では払拭できていなかったようだ。

 ネット上では、「香里奈じゃなくても、適役はたくさんいたはず。彼女のせいで、ほかの役者がかわいそう」「いいドラマだと思うが、どうしても香里奈のあの画像が頭をよぎってしまう」「香里奈に役が合ってない。スキャンダルの件が頭にちらついて、感情移入できません」などと、手厳しいもの。


12
こんな記事も読まれています

香里奈『結婚式の前日に』惨敗で漂う悲愴感「しっかりしたドラマなのに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

香里奈が『結婚式の前日に』(TBS系/火曜午後10時~)で、約2年ぶりにドラマ復帰したが...
写真