日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 香里奈ドラマ「内容はいいのに…」

香里奈『結婚式の前日に』惨敗で漂う悲愴感「しっかりしたドラマなのに……」

 一方、作品に対しては「視聴率と内容は、まったく伴わないんだと思った。とても丁寧な作りのドラマで、心理描写もしっかりしている」「視聴率は悪いみたいだけど、おすすめしたいドラマ」「視聴率が低ければ満足度が低いというわけではないと思う。脚本も良く、役者さんの演技にも説得力がある」といった具合で、視聴者はおおむね好意的なのだ。

 作品自体の評価は悪くないのに、主役・香里奈へのアレルギーからか、視聴率が低迷している同ドラマ。キャストはいい演技をしているだけに、悲壮感すら漂ってきた。

「放送開始前から、『香里奈の主演で大丈夫?』との危惧はありましたが、『この共演陣ならいける』との目算があったようです。しかし、香里奈のスキャンダルによるイメージダウンは、関係者が思っている以上に大きかったということ。いきなり主演ではなく、まずは脇役で様子を見た方がよかったのかもしれません」(テレビ関係者)

 復帰作で大コケしてしまった香里奈。次にドラマのオファーがかかるのは、いつの日になることやら……。
(文=森田英雄)

最終更新:2015/11/08 11:00
12
こんな記事も読まれています

香里奈『結婚式の前日に』惨敗で漂う悲愴感「しっかりしたドラマなのに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

香里奈が『結婚式の前日に』(TBS系/火曜午後10時~)で、約2年ぶりにドラマ復帰したが...
写真