日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人が賭博問題幕引きを急いだワケ

プロ野球・巨人が“野球賭博問題”の幕引きを急いだワケと、表に出なかった有望選手「X」とは?

yakyu1111読売巨人軍公式サイトより

 強引な幕引きだ。プロ野球界を揺るがせた野球賭博問題。コミッショナーが10日出した結論は、福田聡志、笠原将生、松本竜也の巨人3投手の無期の失格処分だった。

 野球協約で、無期の失格処分は永久失格処分(永久追放)の次に重い処分。無期失格選手は最低5年間は処分が解除されず、事実上選手生命が絶たれた形だ。

 調査の過程では、3選手の隠蔽工作も明らかになった。


 報告書によると、3投手は野球賭博が発覚しそうになった際、携帯電話から野球賭博のやり取りのメールを削除。野球賭博に誘った飲食店経営の男性と相談するなどし「賭けていたのは食事だった」「復元されたメールに金銭の記載があるとしても、それは冗談を言い合っていた」などと口裏を合わせていた。

 これにスポーツ紙記者は「かなり悪質。巨人では賭け事が常習化しており、賭けトランプや賭け麻雀に参加していた人数は十数人にのぼる。ところが、球団はその十数名の実名は公表せず……。福田ら3投手に責任をなすりつけて強引に幕引きを図った感は否めない」と話す。

 事実、週刊誌界隈では「本当はもう1人処分されてもいい選手がいるんだけど……」という声もチラホラ。

 この選手を仮に「X」としよう。

 Xは、ほかの3選手と違い、今年の1軍出場経験があり「ポジションも手薄なことから、来年以降も重宝されるであろう選手」(野球担当記者)という。

 週刊誌デスクは「実はXは、あとから名前の出た松本と同じタイミングで報じられてもおかしくなかった。我々の取材の感触からして、限りなくクロに近い。ところが表に出たのは“問題児”として名高い松本だけ。裏では読売が『Xはご勘弁を』と当局に働きかけがあったとウワサされている。処分された3選手は仮に来季を迎えたとしても実力的に1軍登録は絶望的。早い話が、遅かれ早かれ戦力外の選手だった」と明かす。

 このまま一件落着で終わってしまうのか――。

最終更新:2015/11/11 17:30
こんな記事も読まれています

プロ野球・巨人が“野球賭博問題”の幕引きを急いだワケと、表に出なかった有望選手「X」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

強引な幕引きだ。プロ野球界を揺るがせた野球賭博問題。コミッショナーが10日出した結論は、...
写真