日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 暴走モードの華原朋美がヤバすぎ!!

親友・千秋との友情にもヒビ!? 暴走モードに突入した華原朋美がヤバすぎる!!

kaharachiaki1113華原朋美(左)と『苺同盟』/アスコム(右)

 突如の“ぶっちゃけキャラ”に変貌した歌手の華原朋美が、暴走状態に入ったようだ。

 8日に放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』では、過去にお笑いコンビ・ココリコの遠藤章造に「口説かれたことがある」と暴露。遠藤が「そんなことするわけないやん」と否定すると、華原は「忘れたフリしないで! その顔! なんでそんな忘れた顔してるの?」とピシャリ。華原いわく、10代の「遠峯ありさ」時代に遠藤から「遊ぼう」と誘われたという。


 さらに、遠藤の元妻でタレントの千秋のバースデーパーティーに招かれた際には「千秋ちゃんがいないところで、『お前もな、俺と付き合っとけばな』って言ったの」と暴露。これには遠藤も「なんかオレ、すげえドキドキしてきた」と激しく動揺していた。

「千秋さんは華原さんの大ファンで、彼女の復帰後初ライブにも足を運び、打ち上げにも顔を出していた。離婚済みとはいえ、この暴露話を聞いた千秋さんはどう思うか……」とは音楽関係者。

 紆余曲折を経て歌手復帰した華原だが、かつての輝きは完全に失われている。

「復帰当初は、再び引き受けてもらった所属事務所やレコード会社の方針に従っていたのですが、徐々に自分の考えを押し通すようになってきた。かつての恋人・小室哲哉との秘め事を暴露したのも、事務所の方針ではなく、彼女のセルフプロデュース。この期に及んで“ぶっちゃけキャラ”に転身したのも『これだけの経験をしているのに、言わないのはもったいないよね~』と突然言い始めてからだそうです」(別の音楽関係者)

 すべては「もっと売れたい」「もっと注目されたい」という一心での行動だろうが、完全な暴走モードに周囲も困惑気味という。不安定な部分を持ち合わせている華原だけに、この復帰がダメだった場合の反動が心配だ。

最終更新:2015/11/16 10:44
こんな記事も読まれています

親友・千秋との友情にもヒビ!? 暴走モードに突入した華原朋美がヤバすぎる!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

突如の“ぶっちゃけキャラ”に変貌した歌手の華原朋美が、暴走状態に入ったようだ。 8日に放...
写真