日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 暴走モードの華原朋美がヤバすぎ!!

親友・千秋との友情にもヒビ!? 暴走モードに突入した華原朋美がヤバすぎる!!

kaharachiaki1113華原朋美(左)と『苺同盟』/アスコム(右)

 突如の“ぶっちゃけキャラ”に変貌した歌手の華原朋美が、暴走状態に入ったようだ。

 8日に放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』では、過去にお笑いコンビ・ココリコの遠藤章造に「口説かれたことがある」と暴露。遠藤が「そんなことするわけないやん」と否定すると、華原は「忘れたフリしないで! その顔! なんでそんな忘れた顔してるの?」とピシャリ。華原いわく、10代の「遠峯ありさ」時代に遠藤から「遊ぼう」と誘われたという。


 さらに、遠藤の元妻でタレントの千秋のバースデーパーティーに招かれた際には「千秋ちゃんがいないところで、『お前もな、俺と付き合っとけばな』って言ったの」と暴露。これには遠藤も「なんかオレ、すげえドキドキしてきた」と激しく動揺していた。

「千秋さんは華原さんの大ファンで、彼女の復帰後初ライブにも足を運び、打ち上げにも顔を出していた。離婚済みとはいえ、この暴露話を聞いた千秋さんはどう思うか……」とは音楽関係者。

 紆余曲折を経て歌手復帰した華原だが、かつての輝きは完全に失われている。

「復帰当初は、再び引き受けてもらった所属事務所やレコード会社の方針に従っていたのですが、徐々に自分の考えを押し通すようになってきた。かつての恋人・小室哲哉との秘め事を暴露したのも、事務所の方針ではなく、彼女のセルフプロデュース。この期に及んで“ぶっちゃけキャラ”に転身したのも『これだけの経験をしているのに、言わないのはもったいないよね~』と突然言い始めてからだそうです」(別の音楽関係者)

 すべては「もっと売れたい」「もっと注目されたい」という一心での行動だろうが、完全な暴走モードに周囲も困惑気味という。不安定な部分を持ち合わせている華原だけに、この復帰がダメだった場合の反動が心配だ。

最終更新:2015/11/16 10:44
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真