日刊サイゾー トップ > 芸能  > 酒井法子、高部あいのせいで…

もう地上波は絶望的……酒井法子、高部あいのせいで“あの年末特番”での復帰が頓挫

noriko1204

 酒井法子の「地上波復活プラン」が、再び頓挫したという。酒井といえば、薬物逮捕以降は主にパチンコ店での営業が主戦場になっており、それはそれで大儲けしていると伝えられてきた。

「酒井がパチンコ営業に励んでいたのも、薬物事件の際に発生した5億円の損害賠償を抱えてしまっているため。確かに、パチンコ仕事は高収入ではあるが、一方で世間のイメージがいいとはいえない。そこで、酒井はディナーショーにシフト。チケットはかなり強気な値段設定にもかかわらず、完売続きです。しかし、その客の多くが中国人や台湾人のセレブ層。そういった金持ちたちは、あわよくば酒井と肉体関係を持ちたいと思っており、質のいい客とはいえない。酒井としては、どうしても地上波に返り咲きたいはずです」(芸能記者)


 酒井の復帰話は、昨年5月頃にもあったという。

「その矢先、ASKAの薬物事件が明るみに出て、予定されていた番組出演も見送らざるをえなかった。そして、今度は“ある年末特番”での復帰プランができ上がっていたのですが、先日の高部あいのコカイン事件で、その話が飛んでしまったんです」(テレビ関係者)

 このテレビ関係者のいう“ある番組”とは、ダウンタウンの大みそか特番『絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』(日本テレビ系)。そこで思い出されるのが、11月22日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)での松本人志の発言だ。

「喜多嶋舞のDNA裁判に不快感を示したコメンテーターの松本が、“笑いにできない”という理由で『この人と酒井法子は共演NGですね』と断言したのです。これも、『ガキ使』での出演が流れたために出たセリフだったのでしょう」(前出・テレビ関係者)

 酒井は、とことん呪われてしまっているようだ。

最終更新:2015/12/07 11:39

もう地上波は絶望的……酒井法子、高部あいのせいで“あの年末特番”での復帰が頓挫のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

酒井法子の「地上波復活プラン」が、再び頓挫したという。酒井といえば、薬物逮捕以降は主にパ...
写真