日刊サイゾー トップ > 芸能  > 和田アキ子Twitterは年内で終了?

「もともと話題作り……」まんまと『紅白』出場を手にした和田アキ子、Twitterは年内で終了?

wadaakiko1208和田アキ子Twitterより

 歌手の和田アキ子の周辺が、このところ騒がしい。NHK『紅白歌合戦』に今年も無事出場が決まり意気軒昂かと思いきや、2日に自身のTwitterで「いろんな事の不安とかプレッシャーで心と、頭のバランスが悪くなりました。診療内科に行って今からFNS歌謡祭の生放送に向かいます」(原文ママ)とつぶやき、大々的に報じられてしまった。

「芸能界の女ボスのように思われていますが、和田さんは実は繊細で、誰よりも女性らしい性格なんです(笑)。極度の緊張しいで、『紅白』の本番直前はいつも顔面蒼白ですしね。健康にもひと一倍気を遣っていて、少しでも体に異変を感じたら、病院に行く“通院マニア”でもあります。何気ないツイートが大きな話題となり、困惑しているそうです」(和田を知る関係者)


 ちょっとしたことでも騒動になってしまうのは、大物ならではの宿命か……。こうした状況に、年内でTwitterを終了するという話も浮上している。

「もともと先月発売した新アルバム『WADASOUL』(ユニバーサルミュージック)のプロモーションと、落選危機が伝えられた『紅白』のための話題作りで始めたものですからね。『紅白』出場が決まり、一応の区切りはついている」(音楽関係者)

 そもそも、和田本人がツイートしているかも「?」だった。テレビ関係者は「アナログ人間の和田さんがスマホをいじり、写真付きでツイートできるとは、とても……」と話す。

 肝心のフォロワー数も伸び悩んでいる。現時点のフォロワー数は約6万人で、数だけ聞けば「さすが」となるのだろうが、芸能人トップの有吉弘行は500万人。和田が出産のニュースを「宣伝」とブッタ切った宇多田ヒカルは190万人超だ。発言やツイートがたちまちニュースになるリスクを考えれば、ここらで終わらせる可能性は十分。

 和田の決断は、いかに――。

最終更新:2015/12/09 12:00
こんな記事も読まれています

「もともと話題作り……」まんまと『紅白』出場を手にした和田アキ子、Twitterは年内で終了?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

歌手の和田アキ子の周辺が、このところ騒がしい。NHK『紅白歌合戦』に今年も無事出場が決ま...
写真