日刊サイゾー トップ > インタビュー  > “濱の狂犬”ラストファイトは…

『THE OUTSIDER』引退“濱の狂犬”黒石高大、ラストファイトは失神負けも「前を向いていく」

_1HH0737

 さらば愛しの格闘技!――格闘家で俳優の“濱の狂犬”こと黒石高大(29)が13日、リングス・前田日明主催の不良系格闘技イベント『THE OUTSIDER 大田区総合体育館SPECIAL』で引退試合を行った。7年半前のデビュー戦で惨敗して以来、着々と努力を重ねて強くなり、アウトサイダーの象徴として人気を集めた黒石だが、ファイナルマッチでは失神負け。試合後のマイクでは「負けて始まって負けて終わるって、ギャグかこの野郎!」と涙声で悔しさをにじませた。だが、最後までギブアップをせず戦い抜いたその勇姿に、会場は拍手喝采。20代のすべてを注ぎ込んだ格闘技に別れを告げた黒石は今後、芸能界で役者として派手に暴れ回ることを約束した。

* * *

「ヤバイ、みんなの顔を見てたら泣いちゃう」

 試合当日、会場入りした黒石は、大勢のファンや仲間から声をかけられて、一瞬、感極まった表情を見せた。が、控え室に入ると感傷を振り払うかのように、一心不乱にミット打ちを開始。長い手足から繰り出されるパンチとキックは、実に伸びやかで重量感もたっぷり。数年前のそれとはまったくの別物である。

_1HH0330

 2008年3月、アウトサイダー旗揚げ興行の第1試合でデビュー。総合格闘技では滅多にお目にかかれないジャーマンスープレックスを食らった末に惨敗した。2回目の出場時は「開始2秒でKO負け」というギネス級のスピード敗北を記録。3回目は入れ込みすぎて試合開始前に相手を殴ってしまいノーコンテスト。しかもこの3試合とも、応援団がリングになだれ込んできて乱闘を繰り広げるオマケ付き。デビュー当初の黒石は、こうした負け方のインパクトや試合前後の騒乱でもっぱら話題を呼んだ選手だった。

 しかし、その後は格闘技のトレーニングを本格的に開始。いつしか勝ちを重ねるようになり、17戦7勝7敗2分1ノーコンテストという五分の星まで持ち直して、この日の引退試合を迎えた。芸能活動に集中するために、断腸の思いで格闘技からの引退を決意。最後の試合は勝ち越しのかかった一戦であると同時に、「この試合に勝てなきゃ芸能界でのケンカにも勝てない」という強い思いを抱いて臨む一戦でもあった。

 一方、背中の不動明王をトレードマークとする対戦相手の啓之輔(32)は、26戦18勝8敗という戦績を誇る強豪だ。“キング・オブ・アウトサイダー”の異名を持ち、黒石と共にアウトサイダーを創成期から牽引。「黒石とは戦友だ。ただの友達じゃねぇよ。だから戦う!」と今回の試合を引き受けた。


1234
関連キーワード

『THE OUTSIDER』引退“濱の狂犬”黒石高大、ラストファイトは失神負けも「前を向いていく」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

田中みな実の快進撃が止まらない!?

 今回取り上げるのは、田中みな実だ。かつては...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

さらば愛しの格闘技!――格闘家で俳優の“濱の狂犬”こと黒石高大(29)が13日、リングス...
写真