日刊サイゾー トップ > 芸能  > 魔裟斗vs山本KIDは世紀の大茶番

視聴者ガッカリ! 大みそか『KYOKUGEN』での魔裟斗 vs 山本KIDは“世紀の大茶番”

 この試合に関する各スポーツ紙の報道状況は、冷ややか。これだけのビッグカードだったにもかかわらず、スルーしたマスコミも多く、デイリースポーツやサンケイスポーツは“エキシビションマッチ(模範試合)”と明記した。

「TBSはガチンコを装いましたが、この一戦はエキシビションマッチというか、番組の一コーナーであり、アトラクション。ですから、取材自体をスルーしたマスコミも多かったようです。魔裟斗のための試合ですから、KIDはあえて倒しにいかず、黒子に徹したため、こんな展開になったんです。そもそも、エキシビションマッチは優劣をつけるものではなく、判定などナンセンス。ジャッジ自体、誰が採点したかすらわからず、説得力もない。番組は、あくまでも6年ぶりに復帰した魔裟斗を主役としたもので、勝ってエンディングにしたかったのでしょう。しかし、この試合がガチンコだったかどうかは一目瞭然。真剣勝負を期待していた視聴者は、ガッカリしたでしょう。まさに“世紀の大茶番”です」(格闘技ライター)

 視聴率的には、この試合が放送された時間帯(午後10時~10時52分)は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、フジテレビ『RIZIN』(午後8時45分~10時30分)の7.3%を上回ったが、1ケタ台では喜んでもいられない。

「魔裟斗は試合後、『もうリングには上がらない』と発言していましたが、引退後のタレント活動は、旅番組でお茶を濁している程度で、順調にいっているとは思えません。さすがに今年はないでしょうが、数年後にまたTBSから大金を積まれたら、やりかねないと思います。今回は『子どもに闘う姿を見せたい』との理由で復帰しましたが、そのときはまた違う“理由づけ”をして、リングに上がる可能性も高いでしょう」(同)

 KIDと契約するUFCとの問題もあり、こういった形になったようだが、TBSが最初からエキシビションマッチとうたっていたら、2人が批判されることもなかったであろう。あえて魔裟斗の引き立て役を買って出たKIDにとっては、「ケガをしなくてよかった」といったところか……。
(文=森田英雄)

最終更新:2016/01/06 12:45
12

視聴者ガッカリ! 大みそか『KYOKUGEN』での魔裟斗 vs 山本KIDは“世紀の大茶番”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フワちゃんを真正面から受け止める黒柳徹子

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

TBSで昨年大みそかに放送された『史上最大の限界バトル KYOKUGEN 2015』内で...
写真