日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高岡奏輔は意図的にハメられた?

暴行傷害で逮捕の高岡奏輔は「意図的にハメられた」!? 鈴木亜美との関係も……

takaokasosuke5646.jpg「高岡奏輔オフィシャルブログ」より

 俳優の高岡奏輔(前名・蒼佑、蒼甫)が1月7日、20代の男性を殴った傷害事件について、高岡の知人が「意図的にハメられた」と話している。

「見知らぬ相手と三軒茶屋の店でケンカになったって報道だけど、向こうが計画的にケンカを仕掛けてきた感じだったって聞いてる。相手は自分から手を出したくせに、被害者面していて、たぶん高岡がちょっとでも手を出せば警察沙汰にして、タレント稼業を潰す計画的なワナだったんじゃないか」(同)

 この話が事実かどうかはわからないが、高岡は7日の早朝8時30分ごろ、ラーメン店で飲酒中に面識のなかった男性と口論になり、店の外で殴る蹴るの暴行の末、ケガを負わせた疑いで9時21分に現行犯逮捕された。高岡は「絡まれてカッとなった」と容疑を認めたという。10日に釈放され、現在は在宅で捜査されている。

 高岡は人気俳優である一方、繁華街で名の通ったアウトロー集団との付き合いも取り沙汰される不良っぽいライフスタイルや、酒癖の悪さが知られていた。2007年に結婚した人気女優、宮崎あおいとは約4年で離婚。その際に宮崎とV6・岡田准一の不倫を暴露したり、フジテレビ批判発言など波紋を呼ぶ言動も多く、大手所属事務所を離れて以降は仕事も減っていた。ただ、高岡と仕事経験のある演出家からは「骨のある男で演技力も高い。ヤンチャな性格さえ落ち着けば、大成する」と役者としての高評価もある。

 一方で「今回のような事件は、いつ起こってもおかしくなかった」と前出の知人は話している。

「高岡には以前、付き合ってた不良グループがあったけど、高岡自身は別にグループのメンバーでもないし、たまに飲む程度の知り合いみたいな感じだったのに、グループと敵対している不良連中からはメンバーだと思われて、抗争に巻き込まれた感じだった。高岡は悪いことをしたつもりはないから、向こうの連中から絡まれたときも『知らねーよ、うるせえなあ』って態度を取ったりして、それがまた敵の怒りをあおってしまっていた。ただ、武器のない1対1のケンカになれば高岡は強いと思うから、揉めたら加害者みたいになっちゃう」(同)

 警察の調べでは酔っ払い同士のいざこざとみられているが、この知人は「仲間に波及しないよう、抗争があっても、そういうことは言わないのが礼儀」と、遺恨のある相手とのケンカを隠した可能性を示唆。


12
こんな記事も読まれています

暴行傷害で逮捕の高岡奏輔は「意図的にハメられた」!? 鈴木亜美との関係も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

俳優の高岡奏輔(前名・蒼佑、蒼甫)が1月7日、20代の男性を殴った傷害事件は、高岡の知人...
写真