日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清原和博、銀座で大暴れしていた

覚せい剤逮捕の清原和博が銀座で大暴れしていた! 激怒の理由は「高橋由伸と阿部慎之助」

kiyohara0204

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者に、暴力団関係者との付き合いが取り沙汰されている。

 清原容疑者がよく出入りしていた銀座のクラブ「M」では昨年、酔った清原容疑者が暴力団組織の名前を出したという証言もあった。

「○○会の○○さんが、これを見たら怒るぞ!」

 同店では一昨年に開業した際、その祝いとして読売新聞の役員と巨人の選手、高橋由伸(現監督)と阿部慎之助が来店し、サイン入りバットを店内に飾っていたのだが、後に清原容疑者が来店したところ、このサイン入りバットをめぐってトラブルがあったという。

 当時勤務していた女性によると「高橋さんたちのバットを見て、『ワイもプレゼントしたる』とサイン入りバットを届けてくれたんですが、あとで3本を並べて飾っていたことに、役員の方が『現役選手と一緒はおかしい』と、清原さんのバットだけ別の場所に移させたんです。それが、清原さんを怒らせてしまいました」。

 昨年7月、ひとりで来店した清原容疑者は当初、バットが別の場所に移動されていたのを見ても何も言わず機嫌よく飲んでいたというが、酔い始めると「あれ誰が動かした?」と文句を言いだし、テーブルを蹴るなどして激高。その際に、暴力団の組織名を出したというのだ。


12
こんな記事も読まれています

覚せい剤逮捕の清原和博が銀座で大暴れしていた! 激怒の理由は「高橋由伸と阿部慎之助」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者に、暴力...
写真