日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清原容疑者、黒い関係は20年前から

清原和博容疑者、暴力団との“黒い関係”は20年前から?「美人局に引っかかって……」

kyhr0209

 覚せい罪取締法違反(所持)で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者に、暴力団関係者との交際が取り沙汰されるが、清原容疑者を知る出版関係者からは、“黒い交際”のきっかけが1997年10月に発覚した不倫女性とのトラブルではないかという話が聞かれる。

 清原容疑者が元アイドルの木村亜希と結婚する約3年前の同年、週刊誌で「清原さんの子どもを妊娠した」と、既婚者の女性が告白したことがあった。このとき取材したジャーナリストの大林高士氏(故人)の取材スタッフだった出版関係者が明かす。


「清原は当時、女性の夫から、精神的苦痛を受けたと3,000万円の損害賠償を請求されていたので、本人を直撃したことがあったんです。でも、雑誌に掲載されたのは清原が言ったコメントではなく、清原サイドの弁護士の見解。トラブル自体は清原が和解金を払ったということでしたが、このときの雑誌や夫とのトラブルは、暴力団関係者が仲介に入って解決したというウワサだったんです。大林さんは、その暴力団関係者を名乗る人物とも接触していたんですが、清原について『下手するとヤクザに取り込まれるぞ』と不安視していたんです」

 後に、清原容疑者がその暴力団関係者と距離を置いた時期もあったというが、「ちょうど亜希さんと結婚した年、清原は別の女性と親しくなって、またトラブルになり、その際にも同じ暴力団関係者を頼ったんです。でも、この女性は暴力団が差し向けた美人局との説が根強く、意図的に借りを作らされてしまった清原容疑者は、暴力団関係者への表向きの恩義から関係を絶てなくなり、一緒にゴルフした写真などをスクープされるに至ったんです」と出版関係者。

 3年ほど前、ある飲食店経営者のブログには、清原容疑者と風俗店オーナーの来店ショットが掲載されたことがあったが、このオーナーも実のところ、暴力団関係者とベッタリの人物だといわれた。

 また、清原容疑者が2012年の大みそか、ビートたけし出演のTBSのバラエティ番組で、かつてのライバル桑田真澄と対決する企画があったが、このときは清原容疑者と親しい暴力団関係者が「生で見せてくれ」と要求したという話もある。清原容疑者から相談された番組スタッフが「それは絶対無理だ」と断ったというのだ。

 これらが事実なら、番長との異名は名ばかりで、清原容疑者は裏社会の人間に近寄られてもキッパリ一線を引く度胸すらなかったようだ。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2016/02/09 20:00
こんな記事も読まれています

清原和博容疑者、暴力団との“黒い関係”は20年前から?「美人局に引っかかって……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

覚せい罪取締法違反(所持)で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者に、暴力団関係者との...
写真