日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高嶋ちさ子「ぶっ殺す!」が口癖

ゲーム機バキバキ騒動の高嶋ちさ子、以前より「テメエぶっ殺す!」が口癖だった……

 ファンからは「サインをねだったら『うざい』と断られた」という話や、そうした態度に怒ったファンに「やんのかてめぇ」とすごんだ話も数えきれず。

 過去、元プロ野球選手の清原和博容疑者と同じマンションに住んでいた際は、逆に「家壊れるかなって思う時ある。壁をドンドンって。これが朝5時くらいから」と、清原家の物音がひどいことをメディアで暴露したことがある高嶋。これが原因で、清原容疑者には家庭内暴力の疑いあるとが報じられたのだが、スポーツライターによると「後日談がある」という。

「清原さんは『高嶋さんの家からは毎晩のように彼女のヒステリーな金切り声が上がっていて、それを俺がほかで話してしまったから、その仕返しだと思う』と言っていた」(同)

 なんにせよ、強烈なキャラクターの高嶋には批判も多いが、前出音楽関係者によると「本人はこのキャラでテレビ出演が殺到して儲かったと言って、まったく気にしてない」というから、まさにガチ炎上商法なのかもしれない。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2016/02/22 20:00
12
こんな記事も読まれています

ゲーム機バキバキ騒動の高嶋ちさ子、以前より「テメエぶっ殺す!」が口癖だった……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

息子のゲーム機を「バキバキに折った」というバイオリニストの高嶋ちさ子の連載コラムが議論と...
写真