日刊サイゾー トップ > その他 > 雑誌『サイゾー』  > 文学タブー事情/シャブ報道の功罪/おっぱい学
月刊サイゾー4月号発売!

文学タブー事情/シャブ報道の功罪/おっぱい学

【第1特集】
文学タブー事情

小説がまったく売れない──。今に始まったことではないが、文芸作品が本当に売れないようだ。大ベストセラー『火花』の影響で純文学が脚光を浴びたが、それはごくごく一部の話。ある作家はSNSに不況を嘆くつぶやきを書き込み、またある作家は副業に精を出す。作家の横暴ぶりから海外文学の版権事情、話題(?)の麻薬文学作品まで、これが“イマドキ”作家&文学事情。

CYZO1604H1_400.jpg

【目次】
■【食えない小説家】のイマドキ事情
■【芸能人作家】が牛耳る文芸に未来はあるか?
■今話題(?)の【麻薬文学】の歴史
■【嶽本野ばら】が語る薬物と文学
■【加藤ミリヤ】「私にゴーストはいません」
■【タブーを和訳する】未邦訳文学の中身
■【戦前ニッポン】のヤバい小説
■巨額が動く!【海外版権エージェント】の仕事とは?
■ヒット作続々…【小説投稿サイト】の功罪

ほか


teiki_banner_468.jpg


最大50%OFF!おトクな値段で「月刊サイゾー」が定期購読できちゃいます。


1lineimg.jpg←月500円で、最近のバックナンバーなど、ほぼすべての記事が読める「サイゾーpremium」はこちらから。


aoiteruhiko.jpg←今すぐネットで全部読めちゃう!「雑誌オンライン」はこちらから。


fujisan_bn.gif←最大19%もお得になっちゃう!! 「Fujisan」での定期購読のお申込みはこちらから。

1604_TN_03.jpg

【第2特集】

清原逮捕に見る! シャブ報道の功罪

清原和博容疑者だけでなく、このところ芸能人の覚せい剤逮捕報道が相次ぐ。しかし、逮捕された本人ならともかく、影響力の強いマスコミに名前を挙げられた芸能人の人権も取り沙汰されている。シャブ報道の作られ方と、その裏側にある実態を調査した。


1604_TN_04.jpg

【第3特集】

日本人は巨乳をどう受容したか?

江戸期の春画を見ると、当時の日本人には、女性の乳房に性的魅力を感じる回路はあまりなかったという。では、そんな日本人が巨乳好きになったのはなぜなのか? 日本人の巨乳受容史を、あくまでも真面目に考える!


1604_TN_06.jpg

【P様の匣】

【Julie Watai】

自撮りで乙女フェチを表現する現代美術家


1604_TN_05.jpg

〈News Source〉

  • K-POP誇大報道から考察する【音楽業界への弊害】
  • 新聞記者が語る【文春砲】の本当のヤバさ
  • 【ゴミ屋敷】のテレビ局が群がるその理由

今月号のプレゼント応募はこちら

最終更新:2016/03/18 00:00

文学タブー事情/シャブ報道の功罪/おっぱい学のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

小説がまったく売れない──。今に始まったことではないが、文芸作品が本当に売れないようだ。...
写真