日刊サイゾー トップ > 芸能  > 香里奈“本業”でも崖っぷち

香里奈“本業”でもブーイングでついに崖っぷち!? 生き残る策は「路線変更」のみか……

karina0328

 女優・モデルの香里奈が、いよいよ今度こそ追い詰められてきたようだ。

 19日に開催された「第22回東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER」に、菜々緒や西内まりやなど今をときめく芸能人とともに参加した香里奈。もともと本業はモデルのため、こうしたイベントに参加することにまったく違和感はない。久々の登場となったのだが……。


「香里奈、そして山田優と、かつてモデル界をリードした2人に関しては、現場でもネットでも冷ややかな反応だったようですよ。特に香里奈に関しては『あの写真のイメージが』『さすがに痛々しい』と厳しいコメントが相次いだとか。『太った』『老けた』という指摘も多く、好評を博すことはできなかったようですね」(芸能記者)

 AKB48の小嶋陽菜や元AKB48の板野友美の出演、大トリが西内まりやであったことに「しょぼい」という批判があるなど「東京ガールズコレクション」自体が“学芸会”と揶揄されるほど評判がイマイチだったのもあるが、特に香里奈に対する評価は厳しいものとなったようだ。

 「大股開き写真」が写真週刊誌「フライデー」(講談社)でスクープされてしまったことによる“余波”は、いまだに残っている模様。昨年は主演ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)も放送されたが、5%台をフラフラとさまよう低空飛行が続き「女優としては厳しい」という烙印も押されてしまった。頼みの綱であったモデル業でも不評となれば、もはや八方塞がりの状況ではないか。

「もともと、ネットでは演技に関し『大根』という印象を抱かれていた香里奈。『大股開き写真』以前から、女優としての力量が主役には足りないという見方は強かったんです。騒動によって女優として立つ瀬がなくなり、モデルは最後のよりどころだったんですがね。チラホラと“引退”というウワサも流れていますよ」(同)

 姉で女優の能世あんなも昨年芸能界を引退する中、香里奈自身もいよいよ崖っぷちに立たされたと見て間違いない。

 ネット上でよく提案されるのは「セクシー路線転向」というものだ。確かに、それならまだまだ需要があるのは間違いないが、果たして。

最終更新:2016/03/28 16:00
こんな記事も読まれています

香里奈“本業”でもブーイングでついに崖っぷち!? 生き残る策は「路線変更」のみか……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...…
写真