日刊サイゾー トップ > その他  > 取締でアングラ化するJKビジネス

取締強化でも日本の男のロリコンは止まらない? JKビジネスは逆にアングラ化、児童福祉法逃れで18歳女子高生が人気に

smap_160327.jpg『SMAP解散騒動の全内幕』(常田裕、宝島特別取材班宝島社/宝島社3月28日発売)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

「条例によらず、県民運動で取り組む」とするこれまでの方針を踏襲し日本で唯一淫行処罰に関する条例を制定していない長野県で、青少年健全育成条例に関する議論が続いている。

 1950年代以降、各都道府県が次々と淫行処罰を規定した条例をつくるなか、かたくなに県民運動による被害防止を貫いてきた長野県の姿勢が変わったのは、やはりインターネットの普及などに端を発する社会状況の変化や性被害増加の影響がある。

 昨年10月、国連「子どもの売春、児童売春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏が日本記者クラブでの会見で、「日本の女子学生の13%が援助交際している」と発言した件は、「13%」という数字に根拠がなく後に撤回されるなどの騒動があったものの、ただ、ブキッキオ氏の会見は国外から見てそれだけ日本の青少年を取り巻く環境が危ういと映るということでもある。

 しかも、インターネット上には「10代の女の子と遊びたいなら、長野へ行けばいい。警察に捕まらないから」といったコメントが散見されるようになり、実際、県警は過去2年の間に大人から誘われたり脅されるなどして性被害にあった青少年が20人いたが、現行法では摘発できなかったというデータを明かしている。

 しかし、淫行処罰を規定することが、本当に児童買春の防止策につながるかどうかは、疑わしい。

 その典型が、2010年代に入って、青少年を性搾取の現場へと導いていったJKリフレやJKお散歩などの、いわゆる「JKビジネス」だ。このJKビジネスを継続的に取材してきたライターの井川楊枝氏は『女子高生ビジネスの内幕』(宝島社)で、警察が摘発を繰り返した果てに、現在では地下ビジネス化してしまい、逆にそこで働く青少年たちが危険な環境に置かれてしまっていると指摘している。

 マッサージであったり、一緒に散歩することであったりと、表向きには性的なサービスを行わないと謳いながらも、少女たちが店に内緒で(店が率先してやらせている場合も多々あるが)客と直接金銭のやり取りをして性的なサービスを提供する「裏オプション(裏オプ)」が問題視されることで、これらJKビジネスは一気に摘発されていくことになるのだが、井川氏によると、JKビジネスは始めからそのような性的な要素を含んだものではなかったという。

1234
こんな記事も読まれています

取締強化でも日本の男のロリコンは止まらない? JKビジネスは逆にアングラ化、児童福祉法逃れで18歳女子高生が人気にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

集団左遷!!

TBS/日曜21:00~

銀行員・福山雅治が支店の立て直しに奮闘!

あなたの番です

日本テレビ/日曜22:30~

田中圭&原田知世が交換殺人に巻き込まれる!?

ラジエーションハウス

フジテレビ/月曜21:00~

月9初主演の窪田正孝が天才放射線技師に!

パーフェクトワールド

フジテレビ/火曜21:00~

松坂桃李と山本美月がおくる“王道”ラブストーリー

わたし、定時で帰ります。

TBS/火曜22:00~

吉高由里子が「働き方新時代」のニューヒロインに!

白衣の戦士!

日本テレビ/水曜22:00~

中条あやみ&水川あさみがW主演!

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ/木曜22:00~

二階堂ふみ&亀梨和也コンビで人気作をリメイク

執事 西園寺の名推理2

TBS/金曜20:00~

 “完璧すぎる執事”上川隆也が帰ってきた!

インハンド

TBS/金曜22:00~

山Pが義手&ドSの天才科学者に!

きのう何食べた?

テレビ東京/金曜0:12~

西島秀俊&内野聖陽のオトナBL・節約グルメドラマ

俺のスカート、どこ行った?

日本テレビ/土曜22:00~

古田新太扮する女装家高校教師が嵐を巻き起こす!?

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

AAA浦田、女性暴行で「無期限謹慎」の余波

かねてから酒癖の悪さが指摘されていた浦田。過去の悪行が次々に暴露される!?
写真
人気連載

ジワジワくる『野田ともうします』

 平成の時代に新たに生まれたモテキーワードに...…
写真
ドラマレビュー

『インハンド』矛盾が多く視聴率苦戦

 山下智久が寄生虫専門のドSな医学者を演じるドラマ『インハンド』(TBS系)の第5話...…
写真